ワルン・マカン・ニクマット(バリ島・クタ)
スーパーノヴァの近くにある、「ワルン・ニクマット」。

ここは地元の人に大人気のナシ・チャンプルのワルンで、私がお店に着いた時には行列ができていて、相席は当たり前。
(この写真は帰る時に撮ったもの)

一瞬ひるんだが、思い切って人がごった返す店内に突入。
おかずはショーケースの中のものを選ぶ方式。
お客さんはコの字型になったショーケースの内側に入っていき、お店の人におかずなどを盛りつけてもらう。



あまりにもおかずの種類が多く、どれもおいしそうで迷ったが、ご飯は少なめ、おかずはテンペ・ゴレン、カンクン炒め、海老のかき揚げ、卵のフライの4種類、そしてサンバルを盛りつけてもらった。
お皿を受け取ると、値段を書いたプレートを一緒に渡してくれるので、会計時にはこれを持ってレジに行けばOK。
席に着くと飲み物の注文を聞かれた。
ビンタンを頼むと、「冷えてないよ」とのこと。「冷えたものはないの?」と聞くと、「氷を入れる?」という答えが返ってきた。
冷たいビールは飲みたいが、念のため氷は断った。
ビールは瓶のまま出されるので、ワイルドにラッパ飲みだ(氷を頼めば必然的にグラスも出されると思われる)。

行列ができるお店のナシ・チャンプルはさすがにおいしい。
特にサンバルが絶品。
もちろんエアコンなどはなく、ものすごい熱気に大汗をかきながら完食。
私が帰る頃には空席も出てきたので、お昼ちょうどの時間をはずして行った方が、ゆっくりおかずが選べるし、落ち着いて食事ができると思われる。

<WARUNG MAKAN NIKMAT>
住所   Jl.Singosari Gg.Biduri No.6,Kuta
電話   0361−764678
営業時間 8:00〜18:00
定休日  イスラム教の祝祭日
| 海外旅行・バリ島(食) | 23:24 | comments(0) | - | pookmark |
ワルン・ジェラミ(バリ島・スミニャック)
過去の「バリフリーク」の記事で気になっていた「ワルン・ジェラミ」で夕食をとることにした。
ここのナシ・チャンプルがとてもおいしそうだったのである。
名前を見た時に、以前泊まったことがある「ヴィラ・ジェラミ」と関係があるのだろうな、と思っていたが、思った通り、お店の前には「ヴィラ・ジェラミ」ののぼりが立っていた。

名前はワルンだが、外観も内装もレストランのようだ。

明るいテラス席を陣取り、クリスマスディナーもあるとのことで心が揺れたが、初志貫徹でナシ・チャンプルを注文した。
最初に運ばれてきたのは小さなソト・アヤム。
実はサイドオーダーでソト・アヤムをつけようかどうしようか迷っていたので、なんだか得した気分。

期待のナシ・チャンプルは、おかずが何種類も乗っていてボリュームたっぷり。
味付けはマイルドで食べやすかった。

いつもやっているのかどうかわからないが、私が行った時にはギターの弾き語りが行われていた。
日本の歌のリクエストにも答えてくれるようだが、「なんでもいいです」と答えると「恋人よ」を歌ってくれる。
カップルでリクエストするときまずくなるので(歌詞が…)ご注意を(笑)。

<Warung Jerami>
住所   Jl.Kunti,Seminyak
電話   0361−8475970
営業時間 7:00〜23:00

| 海外旅行・バリ島(食) | 22:09 | comments(4) | - | pookmark |
バッソ・プンドウォ・マラン(バリ島・トゥバン)
スーパーノヴァの近くにあるバッソの専門店、「バッソ・プンドウォ・マラン」。



このお店のバッソは普通の5〜6個分くらいの巨大なものだという。
メニューは至ってシンプル。
バッソ・アヤム、バッソ・サピ、バッソ・キキル(バッソ・サピに牛の足のゼラチン質の部分が入ったもの)の3種類のバッソの中から、鶏肉のバッソ、バッソ・アヤムを注文し、ビールを…と思ったら、ない、と言う…。
仕方ないのでエス・チャンプルを頼んでみた。
この二つで約100円と激安である。

テーブルの上に調味料が置いてあったが、何も加えずに食べてみた。
巨大なバッソは大きいということを除けば普通のバッソと変わらない。
スープはしっかりだしが効いていておいしかった。

初めて食べたエス・チャンプルはいろいろな食感のトッピングがしてあり、食べていて楽しい。
味は優しいコンデンスミルク味。
氷を食べて大丈夫なのか?と一抹の不安がなかったわけではないが、暑かったので完食。
お腹を壊すこともなかった(だからといって全ての人が大丈夫というわけではないと思います)。


<BAKSO PENDOWO MALANG>
住所   Jl.Raya Tuban,Kuta
電話   なし
営業時間 8:00〜23:00
| 海外旅行・バリ島(食) | 22:20 | comments(0) | - | pookmark |
パール(バリ島・レギャン)
クリスマスイブのディナーは、ホテルから近い「パール」というフレンチのお店に行ってみることにした。
お店の場所はダブルシックス通りから細い路地を入った奥で、ガイドブックによると、フランス人オーナーが家族経営するホテルに併設されている、穴場のレストランだそうだ。

門をくぐるとすぐにレセプションがあり、レストランを利用したい、と告げるとすぐに案内してくれた。
ガーデン席と屋根のある席があったが、私は屋根のある席の方を選んだ。

床やテーブルの上にはビーズが散りばめられていて、とてもおしゃれな雰囲気だ。

イブのディナーのお店としては賢い選択だったな、とこの時点で思っていた。

まずは赤ワインをグラスでオーダーし、サービスで出されたオードブルと共にいただく。
このオードブルが実に美味! 
これは、お店の雰囲気がいいだけでなく、味に関してもかなり期待していい気がしてきた。

メニューを見ているとオーナーが現れて、笑顔で挨拶をしてくれた。
なんだかバリにいるとは思えなくなってきた。

前菜にはパルマハムのサラダをオーダー。
運ばれてきたお皿を見て思わず声を上げてしまった。
想像していたものよりもずっと繊細で、美しい盛り付けなのだ。
お味の方も、特にパイ生地の上に盛られたサラダのドレッシングが絶妙の味わいで、ワインも進んでしまう。

ワインのお替りを頼み、メインにオーダーしたシーフード・リゾットへの期待が高まる。

リゾットはグリルした海老と帆立と共に盛り付けられていた。
さっそく一口。
なんともクリーミーでコクがあり、量が多いと思っていたのにフォークが止まらなかった。

既にお腹はいっぱいだったけれど、デザートもきっとおいしいに違いない、と欲張って、グルメ・コーヒーというものを頼んでみた。
辺りが暗くなってきてしまったため、画像ではおいしさが伝わらないのが残念。

失礼ながら、バリでこんなにおいしいフレンチが食べられるとは思わなかった。
私は18時の開店とほぼ同時に行ったため、お客さんは私の他には4〜5組しかいなかった。
遅い時間帯にはどの程度混みあうのかわからないが、空いていたのが不思議なくらいだ。
このお店にはぜひとも再訪したい。

<Pearl>
住所   Jl.Double six,Legian
電話   0361−732743
営業時間 18:00〜23:00
定休日  なし

| 海外旅行・バリ島(食) | 22:19 | comments(0) | - | pookmark |
パウォン・パスンダン(バリ島・トゥバン)
スンダ料理のレストラン「パウォン・パスンダン」。
ホテル(ジ・アリッツ・クタ)からは歩いて20分ほどだった。
店名の「パウォン」とはジャワ語で台所のことなのだそうだ。

店内にはテーブル席とガゼボ席、座敷席があり、私はテーブル席に案内された。
スンダ料理というのは初めてだが、店内もバリ風とはどことなく違った雰囲気だ。



このお店は、バナナの葉に包まれたご飯、ナシ・ティンプルが名物だそうなので、メニューの一番上にあったナシ・ティンプル・コンプリート・アヤムを注文。
運ばれてきたのは、籠に入ったナシ・ティンブルとアヤム・ゴレンやタフ・ゴレン、テンペ・ゴレン、イカン・アシンに生野菜、そしてサユール・アッサムなる野菜とお豆たっぷりのヘルシーなスープ。



テンペ・ゴレンとアヤム・ゴレン、イカン・アシン

サユール・アッサム

ナシ・ティンブル

一見おかずが少なく見えたが食べてみるとそうでもなく、充分お腹がいっぱいになる量だった。
サンバルがおいしかったのでおかずは完食。
ご飯はかすかにバナナの葉の香りがする程度で、特に味に変わりはない。
ちょっと量が多かったので残してしまった。
今後も、いつものナシ・チャンプルもいいけれど、たまにはインドネシアの他の地方の料理も食べてみたい、と思う。

<Pawon Pasundan>
住所   Jl.Kediri No.2 Tuban,Kuta
電話   0361−755833
営業時間 11:00〜23:00

| 海外旅行・バリ島(食) | 22:33 | comments(0) | - | pookmark |
ワルン・コレガ(バリ島・クロボカン)
昼食はホテル(ヴィラ・アイル・バリ)の近くで済ませることにした。
いつもお客さんがいっぱいいるのを目にしてはいたが、素通りしていた「ワルン・コレガ」に決めた。
今日も相変わらず店の前にはずらりとバイクが並んでいる。

ここは自分でおかずを選ぶ方式のナシチャンプル。

ご飯はナシ・プティ(白)、ナシ・クニン(黄)、ナシ・メラ(赤)から選べるので、ナシ・メラを頼んだらもうない、とのことなのでナシ・クニンにした。
おかずの種類が多く、迷ったが、カンクン炒めやサテを選んで盛り付けてもらった。

おいしいのだけれどここもやはり辛さ控えめ。
次回はサンバルをお願いしてみようと思う。

<Warung KOLEGA>
住所   Jl.Petitenget No.98A,Kerobokan
電話   0361−4732480
営業時間 9:00〜19:00
定休日  日曜日
| 海外旅行・バリ島(食) | 21:55 | comments(0) | - | pookmark |
シップ・サンセット・グリル(バリ島・スミニャック)
夕食は、ワインがグラスだけではなくカラフェでも頼めて、料理もそこそこおいしかった「SIP」が、サンセット通りにもお店を出したというのでそちらに行ってみることにした。
ホテルの車でクンティ通りとの交差点まで行ってもらい、そこから歩いてすぐのところにお店はあった。
お店の正確な名前は「SIP  SUNSET GRILL」。
グリル料理がメインのお店らしい。



まずお店の入り口でひとりであることを伝え、テーブルに案内してもらう。
この辺の応対がスミニャック店とは違ってとても洗練されている。
店内は照明が落とされていて、とても落ち着いた雰囲気。



テーブルに着くとすかさず他のスタッフがやってきて ワインリストと食事のメニューを渡してくれた。
さっそくワインをカラフェで、と思ったのに、こちらにはグラスかボトルしかない。
…悲しい…。
仕方ないので まずはシャンパンを注文し、お料理はハズレのなさそうなシーザーサラダと、ちょっと冒険の鶏肉の串焼きを注文。

シーザーサラダをつまみにシャンパンを飲んでいるうちにメインのお肉が運ばれてきたので、赤ワインを追加でオーダー。



さて、肉料理のお味は…肉がパサパサしているのが残念だが、付け合せのバジルのソースがおいし かったので完食することができた。

<SIP SUNSET GRILL>
住所   Sunset Road No.88x,Seminyak 80361
電話   0361−8475830
営業時間 11:00〜25:00
| 海外旅行・バリ島(食) | 16:15 | comments(0) | - | pookmark |
ノーティ・ヌリーズ・ワルン(バリ島・クロボカン)
あのウブドゥの人気店、「ヌリーズ」がクロボカンにオープンした(ずいぶん前だけど)ので、行ってみることにした。
ホテル(ヴィラ・アイル・バリ)からは歩いて20分から25分くらいだっただろうか? 
お店が近づいてくると香ばしいにおいが漂ってきた。
時間がやや遅かったにもかかわらず店内はほとんど満席に近い状態だ。



空いている席に着き、注文はもちろんビンタンドラフトとスペアリブ。



結構なボリュームだったが、これがまたビールとよく合うので、あっという間に完食。
バリにしては値段は高めだが、このおいしさなら納得(バリの場合には食事の値段と味が必ずしも比例しないことがよくある)。

<Naughty Nuri’s Warung>
住所   Jl.Matubelig,41,Kerobokan
電話   0361−8476722
営業時間 11:00〜0:00
定休日  なし
| 海外旅行・バリ島(食) | 23:41 | comments(0) | - | pookmark |
カーサ・ロカ(バリ島・クロボカン)
バリ島在住のTOMOさんが、最近できたばかりの気になるお店がある、というのでそこで遅めの昼食をとることにした。

お店の場所はクロボカンの刑務所の近く。
外観は白を基調にした建物で、「ワルン」という感じではない。
中に入ってみると、イタリアンのデリらしい。

ショーケース内のおかずを選んで盛り合わせてもらうこともできるし、パスタ類は別に注文することができるようだ。
テーブルに着くと、まずは飲み物を注文。
そして私たちはいろいろなものが食べてみたかったので、おかずを選ぶことにした。



私が選んだのはラザニアとツナにトマトをトッピングしたもの、茹でた大豆、カリフラワー。
カリフラワーはこれでもか、というくらい盛ってくれたので、少し量を減らしてもらった。

一方肉食獣TOMOさんはこってり系の肉や魚介類を盛っていた。

肝心のお味は…全体的に薄味で、塩をふれば一応食べられるのだが…(以下自粛)。
以前一度だけ行った「ワルン・イタリア」もそうだった が、やはりイタリアンは作り置きには耐えられない気がする。(TOMOさんのレポートはこちら

<CASA LOCA>
住所   Jl.Mertanadi62,Kerobokan
電話   0361−8476783
| 海外旅行・バリ島(食) | 08:30 | comments(0) | - | pookmark |
ザ・ポンド(バリ島・ウブドゥ)
ウブドゥ滞在中最後の夕食はホテル(カキアン・バンガロー)のほとんど目の前の「The Pond」というちょっとおしゃれ系のレストランでとることにした。

夜なので真っ暗でよく見えなかったが、昼間は蓮池を眺めながら食事ができるお店だ。

さて、せっかく高級感のあるお店なので、飲み物もアラックベースのカクテルを頼んだ。
まずはアラック・モヒート。

だけど食事はやっぱりナシチャンプル(笑)。

さすがにワルンのものとは違い、洗練された盛り付けと味わいだ。

アラック・モヒートが今一つだったので無難なアラッ ク・アタックを追加注文し、ウブドゥ最後の夜を少しだけ贅沢に過ごした。

<The Pond>
住所   Jl.Raya Pengosekan,Ubud
電話   0361−970333
営業時間 8:00〜23:30
定休日  なし
| 海外旅行・バリ島(食) | 23:54 | comments(0) | - | pookmark |

CALENDAR

S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< May 2018 >>

SELECTED ENTRIES

RECENT COMMENT

CATEGORIES

ARCHIVES

MOBILE

qrcode

LINKS

PROFILE

SEARCH


人気ブログランキングへ