バリ島8日め

朝食はルームサービスにもできるのだが、昨夜注文し忘れたので、レストランで朝食。
結構メニューが豊富だったが、インドネシア料理にこだわって、まずはミーゴレンにした。

サテもついていて、結構なボリューム。

今日は移転後初となる「ロータス・プレミアム」の予約がしてあったので、お迎えの車でお店に向かう。

個室に移動し、120分間のスリミングマッサージ。

ジンバラン→ベノアスクエア→ベノアとどんどん遠くなってしまったが、お店の場所は変わっても技術は文句なし。
お値段もお手頃だし、やはりここは今後も毎回通い続けたいお店だ。

一度ホテルに戻って、昼食に出かける。
ガイドブックでリサーチした「ワルン・カズ」に行くつもりで徒歩で出かけた。
ガイドブックではドゥルパディ通りの、「ラ・サル」の近くにある、ということになっていたが、インターネットの情報だと、サンセット通りにもお店があるという。
きっとサンセット通りのお店の方が混んでいるに違いない、と思ってドゥルパディ通りを歩いていったのだが…ない。
しかも、「ラ・サル」も閉店してしまった様子。
…またやられた(涙)。
仕方なく、サンセット通りのお店に行くことにして、その前にこれも同じガイドブックで見つけた、フランジパニの絵のついた木製の壁掛け時計が欲しくて、「ミンピ・マニス」に寄っていくことにしたが、これまた、別のお店に変わっているではないか!
毎回、ひとつのガイドブックの情報だけを鵜呑みにしない、と思っているのに、それでもこういう事態は避けられないのが悲しい。

気を取り直して、サンセット通りに向かった。
今度こそ、目的の「ワルン・カズ」は見つかった(お店の看板は「Wabi sabi」になっている)
時間が遅くなってしまったので、既に品切れになってしまっているおかずも結構あったが、野菜を中心にしたナシ・チャンプルにした。

アボカドとトマトのサラダがめちゃめちゃおいしい。

ホテルまで歩いて戻り、ひと休み。
ハイティーはとても無理なので、部屋でのんびりと過ごした。

20時過ぎにスミニャックスクエアからクラクラバスに乗って、晩ご飯を食べようと決めていたお店に向かう。
レギャン・パラディソ前でバスを降り、パティムラ通りを直進。
インドネシアン・チャイニーズの人気店「ワルン・マラン」。
メニューが多すぎてものすごく迷ったが、それほど食べられそうもなかったのでクエティアオ・スペシャル(目玉焼きのせ)だけにした。

…なんだかとても地味なビジュアル(笑)。
半熟の黄身が麺に絡んでおいしくいただいた。

帰りは既にクラクラバスは終了してしまっていた。
タクシーで帰ろうと思い、レギャン通りを歩きながらブルーバードタクシーを拾おうとするが、暗くて車体の色がわからず、結局タクシーを拾えないままホテルまで歩いてしまった。
涼しかったのでよかったけれど、1時間も歩きとおす私って…(汗)



JUGEMテーマ:旅行

| 海外旅行・バリ島 | 23:16 | comments(0) | - | pookmark |
バリ島7日め

今日は移動日。
ゆっくり起きて、今朝も「マニサン」で朝食。
昨日どちらにしようか迷ったロントン・サユールにしてみた。

昨日はパンもついてきたが(クロワッサンがおいしかった)、今日はなし。
更に、昨日は誕生日を迎えたお客さんが2人いて、スタッフが「Happy Birthday」を歌いながらお祝いしていたりして、感じがよかったのだが、今日のスタッフは無愛想。
なんだかいろいろバラツキのありそうなレストランのような気がする。

チェックアウト前に最後の買い物。
先日「バターカップ」で買い物をしたのだが、その後twitterでいろいろ素敵なものを見つけてしまい、再訪するためだ。
この間よりも商品が増えていて、欲しかったものをひととおり買うことができた。
帰りがけに通りがかったお店で可愛いバッグを見つけてしまい、衝動買い。

ホテルに戻ってパッキング。
既にスーツケースがいっぱいになりつつある。
あとは買い物は最小限にしよう。

チェックアウトを済ませ、ホテルから近い「ビアビア・プラス」で昼食。
ウルタンという豚肉のソーセージをのせたナシゴレン。

ウルタンはスパイスが効いていて、これだけでビールのつまみによさそう!
ナシゴレンは量少な目でちょうどよかった。

次のホテル「ジ・ウリン」のお迎えの車でホテルを移動。
かなり前からこのホテルは気になっていたのだが、決め手となったのはウブドも無料送迎の対象になっていたこと。
朝食はもちろん、毎日のハイティーがつき、冷蔵庫の飲み物がフリー、BBQか60分間のマッサージがサービス。
しかも立地もオベロイ通りから少し入った場所で、とても便利。

プライベートプールの向こうにはガゼボ。

オープンエアのキッチンとダイニング。

ベッドルームは広々。

バスルームも広くて素敵!

さっそくハイティーをお願いした。

しっかり2人前。
ピザがおいしかった。

ボリュームたっぷりのハイティーのお蔭で、夜はなかなかお腹が空かず、だいぶ遅くなってから徒歩圏内にある、ポークスペアリブがおいしいというお店へ。
フードコートのような一角にあるので、場所がわかりづらかった。
お店に着くと、スタッフたちが声をそろえて「♪Good evening,Slamat malam♪」と大きな声で歌い出したのには思わず笑ってしまった。

看板メニューのポークスペアリブはかなりおすすめ!
味付けはもちろん、お肉も柔らか。
野菜が欲しかったので、セットにしたが、ご飯はさすがに入らなかった。



JUGEMテーマ:旅行

| 海外旅行・バリ島 | 18:17 | comments(0) | - | pookmark |
バリ島6日め

昨夜は久しぶりに強烈な金縛りに遭った。
昼間かなり歩いたので、相当疲れていたものと思われる…。
不思議なもので、体が押さえつけられて、人の声が聞こえるような気がして、めちゃめちゃ怖くて「助けて!」と叫ぼうとするのだが思うように声が出ないのに、そんな自分を「ああ、今私は相当うなされてるに違いない」と冷静に分析している自分もいるのだ。

そんなことがあったのをすっかり忘れて、爽やかに目が覚めた。
カーテンを開けるととてもいい天気だ。
さっそくバルコニーで目覚めのビンタン。

朝食は「プタニ」と「マニサン」のどちらかを選べるので、「マニサン」の方に行ってみた。
メニューは結構豊富で、迷った末にナシ・クニンにした。

朝食にしてはちょっとヘヴィー(笑)

10時に予約していた「ダラ・スパ」へ。
オイルを選べるのでシナモンにした。

個室で60分間のバリニーズマッサージ。
力加減がちょうどよく、昨日の疲れが吹き飛び、リラックスすることができた。

お昼頃に「サリ・オーガニック」目指してお散歩開始。
前にウブドに滞在した時に同じルートを歩いたはずなのだが、お店の前を通ることはなかった。
それもそのはず、大通りから坂を上がったところで道が壁で二つに分かれていて、私が以前進んだのは左側。
どっちだろう、ときょろきょろしていたら、近所のおじさんが「こっちだよ」と教えてくれたのは右側の道。
細い道を歩いていくと、あぜ道に出た。
絶景!!



日差しは強いが、風が涼しいので歩いていても気持ちがいい。
かなり進んだ頃に人でにぎわうお店を発見。
看板を見過ごしてしまったのでそのまま先へ進もうとすると、通りがかったおじさんが「ここだよ」と教えてくれた。
親切なおじさま方に感謝。
店内は結構な数のお客さんがいて、一番見晴らしのいい席は全て埋まっていた。
仕方ないので空いている中で一番景色の良く見える席を確保。

オーガニックのお店だからビールは置いていないだろう、と勝手に思い込んでいたのだが、ちゃんとビールはあった。
ビンタン大瓶とナシ・チャンプル・ベジタブルを注文した。

優しい味付けで、おいしい!
ガイドブックでは「360度田んぼが見える」と書いてあったが、実際には180度だと思う…。
食事はおいしかったが、お店の人が忙しそうで、オーダーをとるのが遅かったり会計を頼んでも忘れられたり、とちょっと残念な印象。
ただ、ここまで来る途中の景色が素晴らしいので、来た甲斐はあった。

ここまででもかなり歩いたが、昨日のリベンジを果たすべく、「ホット・ママ・サンバル」を目指して歩く。
昨日はとてつもなく長く感じた道のりも、今日は場所の見当がついている分、距離が短く感じた。
幸い今日は営業していた。
試食をさせてもらって、サンバル・ボンコッとアボン・チャベを購入。
サンバル・マタがなかったのが残念。

ホテルに戻って、今日もアフタヌーンティーへ。

昨日とはお菓子が変わっていた。

さて、今日こそは、と2日連続でフラれた「ママズ・ワルン」へ。
少し早めにホテルを出たので、無事に2階の席を確保できたが、私がお店に入った15分後には満席になった。
ナシ・チャンプル・アッラ・ママとビンタン大瓶を注文。
待っている間に、1階の厨房から大蒜を炒める香りが漂ってきて、食欲をそそられる。
ナシ・チャンプルはとても優しい味付けで、辛いものが苦手な人にもおすすめできる味。

3日めにしてようやくありつけた「ママズ・ワルン」のナシ・チャンプル。
場所がちょっと不便だけど、リピートしたいお店だ。



JUGEMテーマ:旅行

| 海外旅行・バリ島 | 21:53 | comments(0) | - | pookmark |
バリ島5日め

「星のやバリ」滞在最終日。
ヨガに参加するつもりで早起きしたが、ゆっくりとお風呂に入っているうちに時間に間に合わなくなってしまった。
その時、大雨が降ってきた。
…行かなくて正解だった。

雨が小降りになるのを待って朝食をとりにダイニングへ。
バリに来て日本食を食べるのはいささか不本意なのだが、朝食が3種類しかないので仕方ない。


フルーツの盛り合わせはまた少し違っていて、ジュースもマンゴー&オレンジを選んだ。

さて、お味はというと…まずはご飯がジャポニカ種で、赤だしがおいしくて、鮭も脂がのっていておいしい。
「星のやバリ」のダイニングは、メニューが少ないのが残念だが、何を食べてもはずれがないのではないかと思う。

チェックアウトまでの間に、ホテルの無料アクティビティのクワンゲン作りに参加した。

チャナンに比べると、バナナの葉を手巻きずしの要領でくるりと巻いて、花を入れるだけなのでとても簡単。
クワンゲンを3個とチャナンを2種類作って、お寺にお参りに行く。

改めて、バリの神様へのお祈りの姿は美しいな、と感動。

「星のやバリ」をチェックアウトし、次のホテル、「アラヤ・リゾート・ウブド」へ移動。
チェックインが14時からなので、荷物を預けてお昼ご飯を食べに出かけた。
向かったのは、以前から気になっていた「ディー・ワルン」。
バロンクッキーで有名な「バロン・ブリッジ・カフェ」の近くにある。
ホテルからは歩いて20〜30分ほどだったと思う。
とても感じのいいお店のスタッフが応対してくれた。
スペアリブがおいしい、との情報だったが、例によっていろいろなものを少しずつ食べたい、とナシ・チャンプルを注文。

なんと、目玉焼きが半熟!
おかずも温かい。
これはポイント高し!
ちょっと遠いけれど、次にウブドに滞在した時にはスペアリブを食べに来よう。

せっかくなので「バロン・ブリッジ・カフェ」でバロンクッキーを買い、帰りはモンキーフォレストに立ち寄った。
実は何度もウブドに来ているが、モンキーフォレストの中に入ったことはなかった。

思ったよりも猿たちはおとなしく、襲われることもなかった(笑)。

「アラヤ・リゾート・ウブド」にチェックイン。
かなり早い時期に予約したので、朝食はもちろん、アフタヌーンティーと「プタニ」でのランチorディナー1回、「ダラ・スパ」での60分間のバリニーズマッサージ付き。
部屋のカテゴリーはアラヤ・ルーム。
通りから一番遠い、眺めのいい部屋に案内された。



リビングとベッドルームが分かれていて、想像していたよりもずっと広い。
丸いバスタブも可愛らしい。

さっそくアフタヌーンティーサービスへ。
コーヒーか紅茶とバリのお菓子のセットだ。


まだ明るいので、街へ買い物に繰り出した。
「ウブディ」で木製のカッテージボードと小皿、「クバラ・ホーム」でお供え物を入れるアルミ製の器をかたどった陶器の器を買い、「ホット・ママ・サンバル」へ向かった。
思った以上に遠く、やっとたどり着いたと思ったら、なんとクローズ!
「定休日なし」じゃなかったの〜〜?
仕方ないので明日出直すことにして、最後に「スニマン・コーヒー」でコーヒー豆を2種類買ってホテルに戻った。

お昼をしっかり食べた上にお菓子まで食べてしまったので、21時過ぎに「プタニ」へ行った。
3コースのディナーで、サラダとスープ、メインはメニューの中から選ぶことができる。
アジア風チキンサラダとトマトスープ、ナシゴレンヒジョーを選び、アラックアタックで乾杯。



アジア風チキンサラダはピリ辛のドレッシングとカシューナッツの香ばしさがいい感じ。
トマトスープの量が多いのには驚いた(おいしかったけれど)。
そして、ナシゴレンヒジョー。
どんなものなのかと思ったら、バナナの葉に包まれてサーブされた。

てっきり緑色のナシゴレンかと思いきや、いたって普通だった。

さて、明日は買い物と、お散歩!

ウブド滞在を満喫しよう。




JUGEMテーマ:旅行

| 海外旅行・バリ島 | 23:27 | comments(0) | - | pookmark |
バリ島4日め

少しゆっくりめに起きて、ホテルのダイニングで朝食をとる。
メニューは3種類しかないので、今日はアメリカンブレックファストにした。
フルーツの盛り合わせとジュースの種類が昨日とは少し違っていたのは嬉しい。

ジュースはパパイヤをセレクト。

普段はジャムは口にしないのだが、ライム&ジンジャーに心惹かれて食べてみたら、おいしい!
これと同じものがどこかに売っていたら買って帰ろう!

午前中はホテルの無料アクティビティのひとつ、チャナン作りに挑戦。
今までに数え切れないほどたくさん目にしてきたチャナンだが、作るのは初めて。

ココナッツの葉を竹ひごで止めるのが意外と難しかったが(街でチャナンを作っているイブを見かけたが、ホッチキスで止めていた(笑))、スタッフの丁寧な説明のお蔭で完成!

サロンを巻いてもらって、出来上がったチャナンを持ってホテルのお寺にお参りする。

お参りを終えると、なんだか心が浄化されたような、すがすがしい気分になった。

お昼ご飯は今日もホテルのダイニングで。
今日はバビバカール丼にしてみた。
ご飯の上に、八角などのスパイスの効いた角煮のようなものがのっていて、野菜もたっぷり。

 

午後もジャムー体験に参加。

スタッフが説明しながらジャムーを作ってくれた。

以前、市販のジャムーを買って飲んでみて、一口でアウトだったのだが、飲みやすくしてあり、いかにも体によさそう。

 

急速に天気が回復してきたので、そのままカフェ・ガゼボへ。

こんな青空を待っていたのよ!

やはり天気がいいとテンションが上がる。

気持ちの良い風が吹き抜けるガゼボでフローズンドリンクをいただきながら、のんびり読書。

 

夕食はやはり、ウブド中心部に出ることにした。

途中で車の中から見た日没。

車を降りて向かったのは、昨日見つけられなかったお店。

昨日は引き返してしまったところを更に進んでいくと、お店発見!

…と、喜んだのも束の間、「満席です」

 

………………が〜〜〜〜〜〜ん………

 

仕方ないので、万一の場合に、とリサーチしていたお店に向かう。

パサールの近くにある「ワルン・ブンデガ」というお店だ。

ナシ・ジェジェルックという、ココナッツミルクで鷄肉と野菜を煮込んだものを注文した。

あ、これ、おいしい!!

行きたかったお店にはフラれてしまったが、結果的にはおいしいものが食べられてよかった。

 

明日は「星のやバリ」滞在最終日。

名残惜しいけれど、次のホテルも楽しみだ。

 

 



JUGEMテーマ:旅行

| 海外旅行・バリ島 | 20:40 | comments(0) | - | pookmark |
バリ島3日め

昨夜早く寝たお蔭で、6時半には目が覚めた。
バスタブにお湯を張り、持参したバスソルトを入れてゆったりと浸かって体を温めてから、7時半からのヨガに参加。
バンジャールにあるヨガガゼボで、朝のひんやりとした空気の中でヨガがスタート。
まずは呼吸を整えてから、簡単なポーズを何種類か繰り返して行う。
鳥のさえずりの聴こえる中でのヨガは気持ちがよかった。

体を動かしてお腹が空いたので、ダイニングで朝食をとる。
メニューはインドネシアン、アメリカン、ジャパニーズの3種類。
迷わずインドネシアンを選択。

インドネシアンはブブールアヤム。
お粥とスープ(ソトアヤム)、具材が別々になっていて、お好みで具材をのせてスープをかけていただく。
少々お腹の調子がよくなかったので、お腹に優しいメニューが嬉しい。

フルーツも色鮮やか!


午前中は天気もあまりよくなかったので、部屋でのんびりと過ごした。

お昼ご飯もホテルのダイニングで、ナシゴレン。

トゥラシが効いていて、しっかりとした味付けだ。
…それにしても、ダイニングにお客さんがいな過ぎて、なんだかかえって落ち着かない。

午後はカフェ・ガゼボでスパイスティータイム。
目の前でスタッフが作り方を説明しながら淹れてくれる。


そのまま飲んでもおいしいが、ココナッツミルクを加えると一段とおいしい!

さすがに夕食は外に出ることにして、18時のフリーシャトルを予約した。
17時からパブリックガゼボで子供によるバリニーズダンスが行われているので、少し見てからシャトルでウブド中心部へ向かう。
中心部はものすごい渋滞で、車も多いが人も多い。
車とバイクと人ごみをかきわけて車は進む。
約45分でプリ・ルキサン美術館前に到着。
twitterでずっと気になっていた「バターカップ」でまずはお買い物。
迷った末、ローズウォーターとヒールローション、チュベローズのアロマオイルを購入した。

晩ご飯に行こうと思っていたお店を探すが、見つからない。
何度も行ったり来たりしたが、どうしても見つけることができなかったので諦めて、以前も行ったことがある「マンガ・マドゥ」に行くことにした。
メニューにはアルコール類は載っていなかったが、ビールはあるとのことなので、ビンタン大瓶とナシチャンプルを注文。

すぐ近くでガムランの練習が行われていて、思いがけずガムランの生演奏を聴きながら食事をすることができた。

帰りがけにコンビニでビールを買おうとしたら、なんと停電!
懐中電灯を持っていたので、懐中電灯の明かりを頼りに買い物をして、お迎えの車に乗りこんだ。
帰りは渋滞もなく、30分足らずでホテルに着いた。



JUGEMテーマ:旅行

| 海外旅行・バリ島 | 13:44 | comments(0) | - | pookmark |
バリ島2日め

7時半に朝食をお願いしていたので、7時に起床。
昨夜の首の後ろの痺れは消えていた。
ヴィラのオープンエリアのリビングに朝食をセットしてもらい、昨夜買っておいたビンタンと共に。

ミーゴレンは甘めの味付け。

9時から到着日プランのセットになっている2時間のスパのコース。
マッサージはトラディショナル、アロマテラピー、タイ式から選べるので、今回もタイ式をお願いした。
マッサージは時々痛かったが、疲れた体にはちょうどいい。

マッサージの後は個室に移動し、40分間のフェイシャルと20分間のフラワーバス。
昨日の移動の疲れが少し取れた気がする。

12時にチェックアウトしてから、ホテルの近くで昼食をとるために出かける。
目指すお店は「ワルン・ブタウィ・アホン」。
魚料理がメインのようだが、いろいろなものを少しずつ食べたいのでナシ・ウドゥッにした。

ココナッツの香りが食欲をそそる。
あまり胃腸の調子がよくない感じだったのだが、ビンタン大瓶と共にしっかり完食してしまった。
帰りがけにビンタンを何本か買っておこうと思ったのだが、ホテル近くのコンビニには売っていなかった。
…残念。

14時に「星のやバリ」のお迎えの車で移動。
サヌール付近の渋滞が激しく、「星のや」に着いたのは16時少し前。
チェックインを済ませて、部屋に案内してもらう。
予約していたのはヴィラ・ソカという、メゾネットタイプの部屋。
まずは1階のリビングの木彫り細工の壁に圧倒された。

透かし彫りの奥にライトが設置されているため、金色に輝いて見える。
2階のベッドルームにはデイベッドとライティングデスクがあり、外の景色を眺めながら読書をするのもよさそう。
各ヴィラの間には運河のようなプールがあり、全てのヴィラからアクセスできるようになっている。

プールサイドのガゼボも広々。
…これは外に出るのがもったいない!

そして、「星のやバリ」といえば、これ!

「カフェ・ガゼボ」。
完全なプライベート空間になっていて、注文は呼び出しボタンを押してスタッフに来てもらう形。

小雨が降ってきたので、今日の外出はやめ、ホテルのダイニングを予約した。
コースメニューはコンテンポラリー・バリニーズ。
和の要素も取り入れ、食器や盛り付けも斬新。

アミューズは籠に金属の細工をしたお皿のようなものの上に乗せられていた。

フォアグラもこんな感じで。

二重になっているガラスの器の下にはフランジパニが一輪。
見た目にも楽しいコースを満喫した。

まだ旅も始まったばかりなので、今夜は早めの就寝。



JUGEMテーマ:旅行

| 海外旅行・バリ島 | 13:08 | comments(2) | - | pookmark |
バリ島1日め

待ちに待った夏休み!
今年もバリでのリゾートだ!!

まずはいつものJL725便でジャカルタへ向かう。
出発が30分ほど遅れたのがちょっと心配。
それというのも、去年からジャカルタ・スカルノ・ハッタ空港に新しいターミナルができて、GAの国内線に乗るためにはターミナル2から3への移動が必要なのだ。
リサーチしたところによると、JALからGAへの乗り継ぎには4時間の余裕をもつこと、シャトルバスがなかなか来ないことがあること、空港内の道路が渋滞していて移動に時間がかかることなど、不安要素が盛りだくさん。
ここで30分のロスは大きい。

 

今回乗る飛行機もSKY SUITE。

全席通路にアクセスできるので窓際の席をリクエストした。

機内食は洋食の魚を選択。

 

幸いジャカルタへは定刻より10分早く到着。

入国審査はフォーク並びになっていて、ストレスが少なかった。

20分ほどの待ち時間で入国審査を終え、荷物をピックアップして、ターミナルを移動する。

エレベーターで2階に上がって、青い看板が目印のシャトルバス乗り場でバスを待つ。

10分ほどでバスが来たが、乗り場が狭いうえに段差が半端ない。

が、満員で「次のバスを待て」とのこと。

すぐにやってきた次のバスは先ほどのバスより大型で、段差も1段のみ。

これなら楽勝。

帰りもこのタイプのバスを待とう。

確かに道路は混んではいたが、意外とあっさりとターミナルの移動は完了。

 

新しいターミナルは明るくて広い。

GAのプレミアムチェックインカウンターへ行くと、係員がチェックインの手続きを代行してくれた。

座って待っている間にチェックインは終了。

セキュリティチェックを受けてGAのラウンジで搭乗時刻を待つ。

ラウンジもめちゃくちゃ広い。

アルコール類はないが、軽食はそこそこあるし、これだけ座席数があるにもかかわらず、しっかり補充もしてくれている。

お金をおろすのを忘れていたことに気付き、早めにラウンジを出てATMを探したが、搭乗口付近にはなかった。

 

私をのせたGA412便はこれまた30分ほどのディレイでスカルノ・ハッタ空港を出発。

空港内のコンビニでビンタンを買ってから「クイーン・ローズ・スパ」のお迎えのスタッフと合流した。

飛行機に乗っている間から睡眠不足と疲労からか、首の後ろのあたりが痺れていて、体調はすぐれなかったが、旅先ゆえのハイテンションのせいか、なかなか眠くならず、結局2時頃ベッドに入った。

 



JUGEMテーマ:旅行

| 海外旅行・バリ島 | 23:04 | comments(0) | - | pookmark |
バリ島最終日

ついに最終日の朝を迎えてしまった。

今日は楽しみにしていたサンデーブランチ。

そう、実はこのために「セントレジス」滞在を決めたのだ。

ゆっくり起きて、しっかりお腹を空かせてから、と思っていたのに、このホテルの場合、宿泊代に朝食の料金は込みになっているのだそうだ。

欲張りな私、それを知ってしまったからには朝食をとらずにいられない。

少しだけ、と心に決めて「ボネカ」へ向かった。

…全然少しじゃない(笑)。

 

私の姿を見つけたスタッフが、「ブランチの予約をしていらっしゃいましたよね? 大丈夫ですか?」と声をかけてきた。

「大丈夫です、お腹を空かせて来ます」と答えたのだが、「『ボネカ』の朝食とブランチのメニューはほぼ同じなので、それでしたら、『カユプティ』のブランチはいかがですか?」と提案してくれた。

すぐに調べてみると、なるほど、「ボネカ」のサンデーブランチの内容は今食べている朝食とあまり変わらない。

そして「カユプティ」のブランチは「ボネカ」より値段が高い分、より一層高級感がある。

幸い予約が取れたので、11時に「カユプティ」へ。

まずはバーへ案内され、12時のブランチ開始までシャンパンを始め、カクテルなどのフリーフロー。

まずはシャンパンで乾杯。

スタッフは全てのお客さんに目を配っていて、グラスが空くとさりげなく、「お飲み物はいかがされますか?」と声をかけてくれる。

シャンパンを3杯ほどいただいた後は、昨日味を占めてしまったブラッディメアリーをお願いした。

「キングコールバー」のものの方が濃厚な味だが、これはこれでおいしい。

 

ブラッディメアリーを飲み終わらないうちにブランチの時間になった。

スタッフがダイニングのテーブルに案内してくれる。

飲みかけのブラッディメアリーもテーブルに持ってきてくれた。

「カユプティ」のブランチは、特に注文しなくても全員にサーブされるもの、スタッフが各テーブルをまわって料理をとりわけてくれるもの、メニューから注文するものに分かれている。

まずはアミューズ。

キャビア5g缶丸ごと。

次に生ハムやテリーヌのお皿、なぜかここでデザート、そして3種類のスープ。

アラカルトの中からは牡蠣とフォアグラ、ロブスター、北京ダックを注文した。

牡蠣のフライと、ブラッディメアリー漬け、生牡蠣。

フォアグラのロースト。

ロブスターのグラタン。

どれも少量なので、いろいろな料理を楽しむことができる。

…とはいえ、そろそろお腹が限界。

次々とおいしそうな料理を勧められるが、涙を飲んで断った。

それでも甘いものは別腹。

最後にストロベリームースで終了。

 

今朝のうちにレイトチェックアウトをお願いしておいたので、部屋に戻ってもう一度シャワーを浴びてからパッキング。

16時にチェックアウトして空港に向かった。

渋滞を心配していたのだが、幸いほとんど渋滞はなく、17時前にはチェックインの手続きを済ませることができた。

出発まではラウンジで休憩。

さすがに食べ物は全く入らないので、ミネラルウォーターを飲みながら搭乗時刻を待つ。

 

搭乗時刻5分前くらいに搭乗口へ向かった。

しばらく並んでいると、なぜか搭乗口のモニターの「GA417便 ジャカルタ行き」の表示が消えた。

搭乗時刻になったが、ゲートが開く気配はない。

しばらくして、「ゲートが変更になりました」とのアナウンス。

…なんだか嫌な予感がする。

変更後の搭乗口の前で待つが、やはりゲートは開かない。

ますます嫌な予感。

10分くらい経った頃、ついに恐れていた光景が目に飛び込んできた。

目の前の飛行機からぞろぞろと人が降りてくるのである。

つまり、私が乗る飛行機は今到着したところなのだ!

これは間違いなくディレイだ。

それも、2〜30分の遅れどころでは済まない。

たまらず、係員に「出発時刻は何時ですか?」と聞くと、私の搭乗券の本来の搭乗時刻を二重線で消し、「18:40」と書き込んだ。

50分のディレイだ!!

ヤバい。ジャカルタでの乗り継ぎは大丈夫か?

万一、乗り遅れたら??

携帯を取り出し、JALに電話してみる。

しかし、あらゆる窓口が日本時間19時で営業を終了していて繋がらない。

JL726便は21時55分発なので、遅くとも21時10分までにはチェックインを済ませなければならない。

元々の乗り継ぎ時間が2時間半あったので、1時間くらいまでのディレイなら何とかなるだろう。

…祈るような気持ちでゲートが開くのを待つ。

 

予定より少々早い18時35分にゲートが開いた。

しかし、なかなかドアクローズにならない。

再び不安が押し寄せてくる。

結局飛行機が飛び立ったのは19時半。

ジャカルタ到着は19時55分頃(時差1時間)だという。

これなら間に合う。

とはいえ、緊張のあまり機内食も喉を通らなかった。

 

19時55分、着陸。

荷物もすぐに出てきて、20時25分にはチェックイン終了。

ようやく緊張から解放され、ラウンジでビールで乾杯。

こんなスリルを味わうくらいなら、次回からはもう1便早い飛行機にした方がいいかなぁ…。

 

JL726便は往路とは打って変わって、ビジネスクラスのシートはほぼ埋まっていた。

眠くなかったので、映画を見ていた。

2本目に入ったところでようやく眠気を感じたが、うとうとする間もなく朝食の準備が始まってしまった。

結局朝食後に1時間くらい眠っただけで成田に到着。

 

今回は今まで泊まったことのなかったサヌールのホテルに泊まったり、ずっと行きたいと思っていた「アヤナ」のロックバーに行ったり、久しぶりに伝統芸能を見ながらのディナーを楽しんだり、なかなか盛りだくさんの内容だった。

絶対に一生泊まれないと思っていた「セントレジス」のヴィラにも宿泊できて、最高の休日を過ごすことができた。

 

この旅行の前に買った「トラベラーノート」の革製の表紙は既に傷だらけ。

傷の数だけこれからもたくさんの思い出を増やしていこう。

 

 

 

JUGEMテーマ:旅行

| 海外旅行・バリ島 | 21:24 | comments(2) | - | pookmark |
バリ島7日め

今日は移動日なので、ゆっくり起きてゆっくり朝食をとって…と思っていたのに、早い時間に目が覚めてしまった。

今日はヴィラのメインロビー近くのレストラン「ダヴァ」で朝食。

このレストランはアラカルトの中から好きなものを選ぶ方式。

プラス$5だと思っていたのだが、それは「朝食付き」というプランで予約した場合のことで、クラブフロア宿泊の場合はやはり、クラブラウンジと「トゥゲ」「パディ」の3つのレストランだけだったようだ。

フレッシュフルーツとナシゴレン・ダヴァを注文。

フルーツは盛りだくさんで色鮮やか。

ナシゴレンもしっかりトゥラシの風味が効いていて本格的。

このホテルのインドネシア料理は、今までに滞在した大型ホテルの中では1、2を争うクオリティだと思う。

 

チェックアウトまでクラブラウンジでビールを飲みながらのんびり過ごし、いよいよ最後の宿泊先である「セントレジス」へ向かう。

12時にお迎えが来た。

なんと、ベンツ。

車内Wi−Fi完備。

しかも速度もめちゃめちゃ早くてさくさく繋がる。

 

ホテルに着くと日本人のスタッフが出迎えてくれた。

チェックインの手続きをしながら、「実はお知らせしなければいけないことがありまして…」と言う。

「まずは、悪いお知らせです。」

…何?? 思わず不安になる。

「ご予約いただいていたお部屋が満室でございます。」

え?え? まさか、泊まれない??

「次に、良いお知らせです。…というわけで、ヴィラにアップグレードさせていただきました。」

マジですかっ!!!!!

スタッフのユーモアとまさかの幸運にテンションが上がりまくってしまった。

 

バトラーさんが運転するカートで敷地内を案内してもらう。

レストランやスパの設備も充実していて、予算の都合上1泊しかできないのが本当に残念だ。

そしていよいよ私が泊まるヴィラへ。

部屋に入った途端、思わず「うわぁぁぁ〜〜〜〜」と声が出てしまった。

手前のリビングには4人が座れるダイニングテーブル、読書用のチェア、そしてその奥にソファセット。

どれもとても高級感のある調度品だ。

テレビも大型で、BOSEのスピーカーが接続されていて、めちゃくちゃ音質がいい。

リビングの右側にはキッチンとミニバーとトイレ。

キッチンの奥にはお手伝いさん用のスペースなのだろうか?

小さなベッドとトイレがあった。

 

そしてリビングの左側がベッドルームに続いている。

こちらにはライティングデスクと一人掛けのソファ、リビングと同じ大型のテレビが配置されている。

ベッドルームの奥にはウォークインクローゼットとバスルーム。

バスルームにも小型のテレビが設置されている。

慣れるまではどこに何があるのか把握できず、無駄にうろついてしまった。

 

 

更に、屋外にはプライベートプール。

プライベートプールの奥へ進むと、海水を使用したラグーンプールにアクセスできるようになっている。

なんかもう、すご過ぎる…。

(後でホテルのオフィシャルサイトで調べたところ、このヴィラの宿泊料金は目玉の飛び出る額だった)

 

こんな素敵なヴィラに滞在できるなら、もうチェックアウトまで一歩も外に出ない、と決めた。

昼食はビーチ沿いのレストラン「カユプティ」でとることにした。

名前の通り、白くペイントされた木材が使われた明るい雰囲気のレストランだ。

このお店のソムリエの「グラスワインでお気に入りのものを見つけて、おいしく飲んでほしい」という思いから、かなり多くの銘柄のワインがグラスで注文できるのも素晴らしい。

あれこれ試してみたい気もあったが、何度も注文するのも面倒だったので、ハーフボトルを注文した。

お料理はシーザーサラダとピッツァ・マルゲリータを注文。

シーザーサラダが絶品!

ピッツァは「チリソースを使いますか?」と聞かれたのでお願いしたら、なんとタバスコではなくサンバルが出てきた。

でもこれもいける。
食後はプライベートプールとラグーンプールを行ったり来たりしながら、テラスでのんびり過ごした。

 

18時半からメイン棟の前でファイアーダンスのパフォーマンスが行われるというので、その前に「キングコールバー」へ。

セントレジス・ニューヨークの「キングコールバー」はブラッディメアリー発祥のバー。

それと同じレシピのブラッディメアリーがここで飲めるという。

しかし…実はトマトジュースが苦手な私、試してみたい気持ちと飲めないのではないかという思いでさんざん迷った。

が、思い切ってブラッディメアリーを注文してみた。

あ、おいしい!!

多分、タバスコの他にバジルが入っているのかな?

まるで冷製トマトスープのようだ。

 

ファイアーダンスが始まったのでテラス席に移動した。

ちょっと遠かった。

下で見ればよかった、と後悔。

 

19時半、予約しておいたインドネシア料理のレストラン「デュラン」へ。

完全オープンエアの店内には他のお客さんの姿がない。

ここのメニューはコースのみで、インドネシアの島々のそれぞれの郷土料理が食べられるのだそうだ。

運ばれてきた料理は、バトラーさんが「食後はプールで思いきり泳いでくださいね」と言っていた通り、ものすごい量だった。

一生懸命食べたけれど、やはり量が多すぎて、申し訳ないけれど半分以上残してしまった。

デザートもてんこ盛り。

コピ・ルアックと共にいただいた。

 

 

 

JUGEMテーマ:旅行

| 海外旅行・バリ島 | 00:03 | comments(0) | - | pookmark |

CALENDAR

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< September 2018 >>

SELECTED ENTRIES

RECENT COMMENT

CATEGORIES

ARCHIVES

MOBILE

qrcode

LINKS

PROFILE

SEARCH


人気ブログランキングへ