<< 台北2日め | main |
台北3日め

昨夜早く寝たお蔭で、6時前には目が覚めた。
今日の朝食は「珠記大橋頭油飯」で。
MRT大橋頭から歩いてすぐの場所だ。
お店のおばちゃんは私を見るなり日本語で「何食べる?」と聞いてくれた。
油飯と荷包蛋(目玉焼き)、魚丸湯と並べてあったおかずの中からゴーヤと茄子の料理を注文。

油飯の上に目玉焼きをのせて、箸でほぐすと…

見事な半熟!!
もう、見るだけでおいしそう!
玉子を絡めながらいただくと本当にこれは絶品!
魚丸も今までに食べた中では一番おいしかったし、おかずもおいしくて、ここは毎回通うことに決めた!!

ここからは歩いてすぐの迪化街に向かう。

朝早いので人がほとんどいなくて静か。
目的のお店は、烏龍茶焼酎を扱っている「茶樂樓」。
お茶屋さんなのでお茶を買わなきゃ悪いかな、と思っていたのだが、日本人の先客がいたので、目的の焼酎だけ買ってお店を出た。

せっかくここまで来たので迪化街のお店を覗いて回る。
おしゃれな外観に惹かれて入った、石鹸のお店。
手作りの石鹸を熟成させているのだそうだ。

1年熟成したものを使わせてもらったら、とてもなめらかで、洗った後もすべすべ。
気に入ったのでこれとラベンダーの精油入りのものを購入。
精油入りのものは6ヶ月程度熟成させてから使ってください、とのこと。

他にも可愛いパッケージの普洱茶やドライフルーツのお店に立ち寄り、更にスーパーマーケットに寄ってホテルに戻った。

荷物を置いて、お昼ご飯に出かける。
すっかり滷味にハマっている私、滷味のお店をいろいろ検索し、見つけたのが「滷底撈」というお店。
チェーン店で、ここから行きやすいのは中山天津店のようだ。
ガラスのショーケースの中の具材を選んで籠に入れ、お店の人に渡すとそれらを煮込んでくれる。
ショーケースには値段も書いてあるが、ものによっては3〜4個でその値段、というものもある。
お店の人に教えてもらいながら、具材を選び、辛さを選んだ。

私が選んだのはヤングコーンと空芯菜、蒸煮麺、豆干、豚肉などなど…

そして出来上がったのがこちら。

辛さは小辣にしたのが、ピリ辛でおいしい〜♪
今度は思い切って屋台の滷味にも挑戦したい。

昼食後は「新純香」へ。
午後なら王さんがいるかな、と思ったのだが残念。

文山包種と大禹嶺、阿里山、蜜香紅茶を試飲し、4種類の茶葉を購入した。

MRT中山駅まで戻り、地下街を歩いて雙連まで行き、「現烤蛋糕 大川本舗」へ。
チーズのカステラのミニサイズを買ってホテルに戻った。


台北滞在最後の夕食。
まだ食べていないものといえば…臭豆腐!
ホテルの近くの遼寧街夜市にもお店があるが、おそらくここでしか食べられない?「戴記独臭之家臭豆腐専売店」へ。
前回は揚げた臭豆腐だけ食べたが、今回試したかったのはこちら!

涼拌臭豆腐。
つまり、生の臭豆腐である。
最初の一口は、凶悪なにおいにノックアウトされそうになったが、食べ進むうちに慣れてくるから不思議。

そして炸臭豆腐。
ビールがないのが本当に残念。

帰り路に、検索してみつけた「鮮芋仙」に行くことにする。
なんと、私が毎回のように行っている「悦活生活館」のすぐ近く。
ところが!!
改装中…………
全ての気力が失せたが、このまま帰るのも悔しいので、「悦活生活館」でマッサージを受けて帰ることにした。
70分間の全身マッサージはいつものことながら絶妙だった。



JUGEMテーマ:旅行

| 海外旅行・台湾 | 23:09 | comments(0) | - | pookmark |
コメント
コメントする









CALENDAR

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< November 2017 >>

SELECTED ENTRIES

RECENT COMMENT

CATEGORIES

ARCHIVES

MOBILE

qrcode

LINKS

PROFILE

SEARCH


人気ブログランキングへ