<< 台北1日め | main | 台北3日め >>
台北2日め

昨夜は結構早く寝たのに、どうしても起きられず。
ようやく身支度を整えた頃には10時近くになっていた。

朝食に行こうと決めていたのは、「食べ台湾」の記事を見て気になっていた「南京豆漿店」。
ここの葱焼餅が絶品らしいのだ。
11時の閉店に間に合うようにお店へ向かう。
予め用意しておいたメモで注文すると、「席で待っていて」とのこと。
しばらくするとお店の人が運んできてくれた。

鹹豆漿と葱焼餅。
葱焼餅はしっとりとしたパン生地で、ほんのり甘みと塩味、そして葱の香ばしい味が見事にマッチしてる。
これは気に入った!
次回はこれに玉子焼きを挟んでもらおう。

 

帰りがけに「佳徳糕餅」に立ち寄ったが、店の外に行列ができていて、あらかじめ渡される用紙に買いたいものを書いて注文するか、店内で選んで買うかという方式に変わっていた(いつからなのかは不明)。

私はバラで買いたかったので、用紙は使わなかったが、店内が以前のようにごちゃごちゃしていなくて、買い物しやすかった。

午後からは買い物に出かけた。
向かったのは西門町。
西門紅樓で週末に行われているマーケットを覗いた後、カルフールへ。
蛋餅や芋圓などの食品と、部屋で食べようとカットマンゴーを購入。

一度部屋に戻ってから、これも「食べ台湾」の記事で見つけた「忠南飯館」へ。
かなりの人気店で、開店後すぐに満席になるとのことなので、17時ちょっと過ぎにはお店に着くように出かけた。
お店の前まで来ると、既にお店に入っていくグループが数組。
まだ開店から10分ほどしか経っていないのに、店内のほとんどのテーブルが埋まっていた。
幸いすぐにテーブルに案内してもらい、メニューを見ながら小さな紙に食べたいものを書いて注文。
注文したのは蹄花黃豆と蝦醤空芯菜とビール。
ビールを飲みながら料理が来るのを待つ。

ご飯は大きな炊飯器から自分で盛ってくる方式。
もちろん食べ放題。
まずは少量ご飯を持ってきて、いただきま〜す!
…う…旨い!!
確かにこれはご飯が進む味だ。
蹄花黃豆は上にトロトロの豚肉が乗っていて、下はひたすら大豆かと思いきや、お店の人が日本語で「下に、皮、ある」と教えてくれた。
豆を掘ってみると、豚肉の皮の部分が出てきた。
他にもおいしそうな料理がたくさんあったので、今度は連れがいる時に行ってみたい。

お気に入りの「鮮芋仙」がなくなってしまったので(市内の他の場所に数店舗あり)、どうしても仙草が食べたくて、はるばる石牌にある「水龜伯古早味」にやって来た。
私が食べたかったのは雙仙鬧奶というものなのだが、「今はない」とのこと。
仕方なく無難な豆花を。
トッピングが3種類選べるというので仙草ゼリーとハト麦、タピオカ、そしてプラス20元で芋頭をのせてもらった。

う〜〜ん、もう少ししっかり仙草の味がして欲しい…

今日は朝の出だしが遅かったのでなんだか1日損をした気分。
明日は1日しっかり動くぞ!と決めて早々と寝ることにした。



JUGEMテーマ:旅行

| 海外旅行・台湾 | 23:07 | comments(0) | - | pookmark |
コメント
コメントする









CALENDAR

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< November 2017 >>

SELECTED ENTRIES

RECENT COMMENT

CATEGORIES

ARCHIVES

MOBILE

qrcode

LINKS

PROFILE

SEARCH


人気ブログランキングへ