<< バリ島最終日〜帰国 | main | 台北2日め >>
台北1日め

先月に続き、今年2回めの台北。
(先月の記事は後ほど…)
常客証を申請したので、松山空港での入国審査では混雑を横目でいながら…と思っていたのに、入国審査場はガラガラで、常客証を使うまでもなかった。
ちょっと残念。

宿泊はいつものウェスティン。
まだお部屋の用意ができていないとのことなので、あまりお腹は空いていなかったけれど、昼食に出かける。
向かったのは「洪師父麺食桟」。
ウェスティンからは徒歩圏内だ。
2010年の牛肉麺コンテストのこってり味部門でチャンピオンになったという888元(‼)の牛肉麺もあったが、注文したのはオーソドックスに牛三寶麺。
牛すね肉と牛筋、ハチノスが乗ったもの。

意外とあっさり味。
後半はピリ辛の高菜を入れていただいた。

まだ時間があったので、「悦活生活館」へ。

数日前から咳がひどく、うつぶせになることに耐えられそうもなかったので、70分間の足マッサージをお願いした。
担当してくれたのは体の大きめな女性で、膝から下をぐいぐいと指圧してくれた。
場所によっては結構痛かったが、長い移動でむくんでいた脚がすっきりした。

部屋に入り、荷物を整理してから今後の情報収集。
夕食にはまずはお約束の小籠包を、ということで、今回も初めてのお店「北大行」に行ってみることにした。
MRT国父紀念館で降りて、光復南路をひたすらまっすぐ歩く。
ようやくお店の近くに来ると、何やら人だかりが。
それも結構な数だ。
…まさか、並んでる?
一瞬諦めかけたが、よく見ると、他のお店のお客さんのようで、「北大行」の店内には空席があった。
まずは小籠包。

ひとつひとつが結構大きくて、れんげからはみ出すほどだ。
スープのお味も濃厚。
もう一つ頼んだのが元盅土鶏湯。

鶏肉がごろごろ入ったスープだ。
鶏のだしがしっかりきいていて、おいしい。
しばらく食べ進めると鶏の足が出てきたのには驚いたが。

食後は先月は行けなかった「鮮芋仙」に行こうとMRTを忠孝復興で降りて、歩いていった。
…が、ない。
ガイドブックの地図からも消えていたので嫌な予感はしていたのだが…
がっくりと肩を落としてホテルに戻って1日めは終了。



JUGEMテーマ:旅行

| 海外旅行・台湾 | 23:35 | comments(0) | - | pookmark |
コメント
コメントする









CALENDAR

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< November 2017 >>

SELECTED ENTRIES

RECENT COMMENT

CATEGORIES

ARCHIVES

MOBILE

qrcode

LINKS

PROFILE

SEARCH


人気ブログランキングへ