<< バリ島7日め | main | ソウル&済州島旅行1日め(’16夏) >>
バリ島最終日

ついに最終日の朝を迎えてしまった。

今日は楽しみにしていたサンデーブランチ。

そう、実はこのために「セントレジス」滞在を決めたのだ。

ゆっくり起きて、しっかりお腹を空かせてから、と思っていたのに、このホテルの場合、宿泊代に朝食の料金は込みになっているのだそうだ。

欲張りな私、それを知ってしまったからには朝食をとらずにいられない。

少しだけ、と心に決めて「ボネカ」へ向かった。

…全然少しじゃない(笑)。

 

私の姿を見つけたスタッフが、「ブランチの予約をしていらっしゃいましたよね? 大丈夫ですか?」と声をかけてきた。

「大丈夫です、お腹を空かせて来ます」と答えたのだが、「『ボネカ』の朝食とブランチのメニューはほぼ同じなので、それでしたら、『カユプティ』のブランチはいかがですか?」と提案してくれた。

すぐに調べてみると、なるほど、「ボネカ」のサンデーブランチの内容は今食べている朝食とあまり変わらない。

そして「カユプティ」のブランチは「ボネカ」より値段が高い分、より一層高級感がある。

幸い予約が取れたので、11時に「カユプティ」へ。

まずはバーへ案内され、12時のブランチ開始までシャンパンを始め、カクテルなどのフリーフロー。

まずはシャンパンで乾杯。

スタッフは全てのお客さんに目を配っていて、グラスが空くとさりげなく、「お飲み物はいかがされますか?」と声をかけてくれる。

シャンパンを3杯ほどいただいた後は、昨日味を占めてしまったブラッディメアリーをお願いした。

「キングコールバー」のものの方が濃厚な味だが、これはこれでおいしい。

 

ブラッディメアリーを飲み終わらないうちにブランチの時間になった。

スタッフがダイニングのテーブルに案内してくれる。

飲みかけのブラッディメアリーもテーブルに持ってきてくれた。

「カユプティ」のブランチは、特に注文しなくても全員にサーブされるもの、スタッフが各テーブルをまわって料理をとりわけてくれるもの、メニューから注文するものに分かれている。

まずはアミューズ。

キャビア5g缶丸ごと。

次に生ハムやテリーヌのお皿、なぜかここでデザート、そして3種類のスープ。

アラカルトの中からは牡蠣とフォアグラ、ロブスター、北京ダックを注文した。

牡蠣のフライと、ブラッディメアリー漬け、生牡蠣。

フォアグラのロースト。

ロブスターのグラタン。

どれも少量なので、いろいろな料理を楽しむことができる。

…とはいえ、そろそろお腹が限界。

次々とおいしそうな料理を勧められるが、涙を飲んで断った。

それでも甘いものは別腹。

最後にストロベリームースで終了。

 

今朝のうちにレイトチェックアウトをお願いしておいたので、部屋に戻ってもう一度シャワーを浴びてからパッキング。

16時にチェックアウトして空港に向かった。

渋滞を心配していたのだが、幸いほとんど渋滞はなく、17時前にはチェックインの手続きを済ませることができた。

出発まではラウンジで休憩。

さすがに食べ物は全く入らないので、ミネラルウォーターを飲みながら搭乗時刻を待つ。

 

搭乗時刻5分前くらいに搭乗口へ向かった。

しばらく並んでいると、なぜか搭乗口のモニターの「GA417便 ジャカルタ行き」の表示が消えた。

搭乗時刻になったが、ゲートが開く気配はない。

しばらくして、「ゲートが変更になりました」とのアナウンス。

…なんだか嫌な予感がする。

変更後の搭乗口の前で待つが、やはりゲートは開かない。

ますます嫌な予感。

10分くらい経った頃、ついに恐れていた光景が目に飛び込んできた。

目の前の飛行機からぞろぞろと人が降りてくるのである。

つまり、私が乗る飛行機は今到着したところなのだ!

これは間違いなくディレイだ。

それも、2〜30分の遅れどころでは済まない。

たまらず、係員に「出発時刻は何時ですか?」と聞くと、私の搭乗券の本来の搭乗時刻を二重線で消し、「18:40」と書き込んだ。

50分のディレイだ!!

ヤバい。ジャカルタでの乗り継ぎは大丈夫か?

万一、乗り遅れたら??

携帯を取り出し、JALに電話してみる。

しかし、あらゆる窓口が日本時間19時で営業を終了していて繋がらない。

JL726便は21時55分発なので、遅くとも21時10分までにはチェックインを済ませなければならない。

元々の乗り継ぎ時間が2時間半あったので、1時間くらいまでのディレイなら何とかなるだろう。

…祈るような気持ちでゲートが開くのを待つ。

 

予定より少々早い18時35分にゲートが開いた。

しかし、なかなかドアクローズにならない。

再び不安が押し寄せてくる。

結局飛行機が飛び立ったのは19時半。

ジャカルタ到着は19時55分頃(時差1時間)だという。

これなら間に合う。

とはいえ、緊張のあまり機内食も喉を通らなかった。

 

19時55分、着陸。

荷物もすぐに出てきて、20時25分にはチェックイン終了。

ようやく緊張から解放され、ラウンジでビールで乾杯。

こんなスリルを味わうくらいなら、次回からはもう1便早い飛行機にした方がいいかなぁ…。

 

JL726便は往路とは打って変わって、ビジネスクラスのシートはほぼ埋まっていた。

眠くなかったので、映画を見ていた。

2本目に入ったところでようやく眠気を感じたが、うとうとする間もなく朝食の準備が始まってしまった。

結局朝食後に1時間くらい眠っただけで成田に到着。

 

今回は今まで泊まったことのなかったサヌールのホテルに泊まったり、ずっと行きたいと思っていた「アヤナ」のロックバーに行ったり、久しぶりに伝統芸能を見ながらのディナーを楽しんだり、なかなか盛りだくさんの内容だった。

絶対に一生泊まれないと思っていた「セントレジス」のヴィラにも宿泊できて、最高の休日を過ごすことができた。

 

この旅行の前に買った「トラベラーノート」の革製の表紙は既に傷だらけ。

傷の数だけこれからもたくさんの思い出を増やしていこう。

 

 

 

JUGEMテーマ:旅行

| 海外旅行・バリ島 | 21:24 | comments(2) | - | pookmark |
コメント
ハラハラ、ドキドキがありましたが、無事のご帰還。
おかえりなさい。
JALの直行便の復活を心から望みます。

セントレジスのヴィラですか〜?
ため息が出ますね。
ホテルも素敵ですが 悠海さんの滞在スタイルも素敵です。

私は今回 未踏のアメドまで足を延ばします。
素朴な海沿いのお宿でのんびりお日様と遊んできます。
いくつになっても初めて というのはワクワクします。
| Cumi | 2016/08/11 6:45 AM |
本当に、無事に帰れてよかったです…。
直行便、復活して欲しいですよね。
もう、毎回あんなドキドキするのは嫌です!

まさかヴィラへのアップグレードがあるなんて、夢にも思ってなかったので、めちゃくちゃ嬉しかったです。
なんか、今年1年分の幸運を全部使い果たしちゃったかも?(笑)

アメドには私も行ったことがないです。
まだまだ行ったことのないところがたくさんあるので、初めての場所にもいろいろ行ってみたいです。

どうぞ、良い旅を!
| 悠海 | 2016/08/11 2:50 PM |
コメントする









CALENDAR

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< July 2017 >>

SELECTED ENTRIES

RECENT COMMENT

CATEGORIES

ARCHIVES

MOBILE

qrcode

LINKS

PROFILE

SEARCH


人気ブログランキングへ