夢の国へ
実に久しぶりのディズニーリゾート。
記憶の限りでは、シーができてからは1回も行ってなかったと思う。

今回はもちろん、初めてのシーへ。
ちなみに、ランドの方は入場規制がかかっていた。
(オフィシャルホテル宿泊者は入場規制がかかっていても入場可)

ゲートをくぐると、いきなりこれ。
…テンション上がるわ〜〜〜!

ハロウィン一色のパーク内。

ホテルの部屋の窓から見えていたプロメテウス山も、正面から見るとこんな景色に。

まずは、「インディ・ジョーンズ・アドベンチャー:クリスタルスカルの魔宮」のファストパスを取りに行った。
16時35分からのパスをゲット。

まずは、比較的空いている「ディズニーシー・トランジットスチーマーライン」に乗ってみた。

アラビアン・コーストを通り過ぎ…

ミステリアス・アイランドを通過して、メディテレーニアンハーバーに到着。
インフォメーションボードで待ち時間を確認して、比較的待ち時間が少なく、面白そうな「海底2万マイル」へ。

6人乗りの潜水艇でいざ、海底へ!
本当に海の底にいるようで、「よくできているなぁ」と感心してしまった。

この後、「センター・オブ・ジ・アース」のファストパスを取ろうと思ったのだが、残念ながらもう終了してしまったとのこと。

仕方ないので、「レイジングスピリッツ」のファストパスを取りに再びロストリバーデルタへ。
なんと、「インディ・ジョーンズ・アドベンチャー」が点検作業のため運転を中止しているという。
再開の見通しは立っていないとのこと。
…そんなぁ〜〜〜〜〜(涙)
私たちの予約の時間には再開していることを願いつつ、「レイジングスピリッツ」のファストパスを取り、遅い昼食。
当然ながらアルコールの提供のあるレストラン「S.S.コロンビア・ダイニングルーム」へ。

スペシャルランチのコースを注文。
ふたりでビールを1杯ずつと、ワインを1本。
お料理はおいしかったのだが、スタッフの動きがイマイチなのが残念だった。

食事が済む頃には既にこんな夕焼け空に。

心配していた「インディ・ジョーンズ・アドベンチャー」は再開していた。

映画で見た通りの「インディ・ジョーンズ」の世界。
最後は結構スリリングで楽しかった〜!!

「レイジングスピリッツ」のファストパスの指定時刻までまだ時間があったので、「シンドバッド・ストーリーブック・ヴォヤッジ」へ。

なんとも幻想的。

そして、待ちに待った「レイジングスピリッツ」。
360度回転するコースターだ。
この手のコースターは初めてだという旦那は、隣で悲痛な叫び声をあげていた。

最後に行ったのは、「マジックランプシアター」。

目の前で見るマジックもすごかったし、3Dの映像は見事で、見ごたえ抜群!!

フィナーレは花火。

久々に童心に帰って遊んだ1日。
よく遊び、よく歩き、よく飲んだ(笑)。
| 国内旅行 | 13:23 | comments(2) | - | pookmark |
シェラトン・グランデ・トーキョーベイにお泊り
この週末は旦那の誕生日。
たまにはこんな誕生日もいいよね、とホテルステイを計画。

…というとカッコいいけど、実は私のSPGゴールド維持のための修行の一環でもあったりする(爆)。

選んだホテルはシェラトン・グランデ・トーキョーベイ・ホテル。
あまりにも高かったので、ポイントを使っての無料宿泊にした。

大阪に出張している旦那よりも一足先にチェックイン。
無料宿泊にもかかわらず、クラブフロアにUGしてくれた。
…と言っても部屋のみのUGで、クラブフロアの特典は使えないのだが。

案内してもらったのは11階のパークビューの部屋。
正直なところ…この部屋の広さ(狭さ、というべきか?)とこの雰囲気であの値段はあり得ない。
無料宿泊にしてよかった。

更に…荷物がいつまでたっても届かない。
20分ほど経った頃、ようやく部屋のチャイムが鳴り、ドアを開けると、私のものではない荷物を持ったスタッフが。
…いけてない。
それから待つこと更に10分ほど。
ようやく自分の荷物が届いた。

でも、バルコニーからのこの眺めには満足。

冷蔵庫が空だったので、別棟にあるショップにビールを買い出しに行く。
そして、カフェでバースデーケーキ代わりのプチケーキを買って部屋に戻った。

ビールを飲みながらディレクトリや部屋の中にあったパンフなどを見ているうち、「ソーシャルアワー」なるものを発見。
選りすぐりのワイン3種類の飲み比べができる、というものだ。
さっそく、「グラン・カフェ」へ。

カウンターに案内され、赤ワインセットとチーズの盛り合わせを注文。
3種類のワインはアメリカのベリンジャー、オーストラリアのウィンズ、フランスのジェラールベルトラン。
ベリンジャーが気に入ったので、追加でオーダー。
チーズの盛り合わせに添えられていた蜂蜜が絶品だったので、スタッフに尋ねてみたところ、「いつもと違う瓶に入っていたんですが…詳しいことはわかりません」との答え。
がっくり。

部屋に戻り、しばらくすると、予想通り花火の音。

バルコニーから花火見物。

22時過ぎに旦那到着。
幸い23時までレストランが開いているので、夕食をとりに行く。
先ほどとワインを飲んだのと同じ、「グラン・カフェ」のディナーブッフェだが、時間が遅いため、値段は安くなっているが、その分、料理の種類も少ない。
ちょっと淋しい夕食になってしまった。

その後は部屋で買っておいたビールと、持ち込んだ「森伊蔵」で酒盛り。
いつものことだが、今日もよく飲んだ(笑)。
| 国内旅行 | 23:59 | comments(0) | - | pookmark |
南知多の海の幸
愛知県在住の友達に会いに行ってきた。

友達の車で南知多の内海温泉へ向かう。
今夜は海に面した温泉宿「魚友」にお泊り。
まずは温泉(大浴場)で暖まってから、露天風呂付きの広いお部屋で、海を眺めながらさっそく乾杯。
なんて幸せなひと時…

そしてお楽しみの夕食。
前菜に続いて地場産の鮮魚姿盛りが登場。



当然と言えば当然なのだが、新鮮な魚は食感が違う。
しかも、山葵醤油だけでなく、肝醤油、そしてこの後出されたサラダと共にカルパッチョ風でいただくこともできて、三度おいしい。

こちらは三陸産の雲丹。

知多の幸焼き鯛まるごと鍋。

鯛が1匹まるごと入っているうえ、伊勢海老まで入って豪華!!
柚子胡椒を加えると更に味が引き締まって、食が進む。

〆は鯛釜飯だったのだが、あまりにも満腹だったため、おにぎりにしてもらい、夕食後の宴会の後にいただいた。
(いい加減できあがっていたので写真を撮り忘れました)

この旅館、温泉の泉質はいいし、お料理は朝食も含めて何を食べてもおいしいし、ぜひとも再訪したい。
| 国内旅行 | 22:01 | comments(2) | - | pookmark |
お気に入りの場所
この週末はまたも、最近すっかりお気に入りのシェラトン・グランデ・オーシャンリゾートに行ってきた。例によって観光等は一切なし、ひたすら温泉に入り、おいしいものを食べて、そして今回はホテルのジムで汗を流す、という実に健康的な休日を過ごしてきた。

詳しくは旅行記で…。
| 国内旅行 | 22:30 | comments(0) | - | pookmark |
八ヶ岳のペンションにて
先月お世話になった八ヶ岳のペンションに再びやってきた。旦那はもちろんスキーだが、私は…お仕事(涙)。前回、あまりの静けさに身も心もすっかり癒されたのだが、今回は仕事持ち込みなのである…。基本的に集中力に欠けてる私、周囲に人の気配があると集中できないため、この環境なら仕事もはかどるだろう、ということで連れてきてもらったのだ。

朝7時半頃にはペンションに到着。旦那を見送った後、部屋にこもってさっそく仕事開始。我ながら驚くほどの集中力で、午前中に半分以上片付けることができた。そこで自分へのご褒美として、午後は前回も行った温泉でのんびり過ごすことにした。そこで買ってきたお土産がこれ。


このペンション、とにかく静かだし、食事はおいしいし、室内で無線LANが使えるし、近くに温泉が何箇所もあるし、そしてなんといってもオーナーのご夫婦がとってもあったかい。すっかりやみつきになりそうだ。
| 国内旅行 | 19:14 | comments(0) | - | pookmark |
静かな休日


旦那の知り合いが経営している八ヶ岳のペンションに1泊してきた。旦那はスキーを楽しんだが、私は丸2日間、温泉で2〜3時間過ごし、床暖房の快適な室内で読書をしたり、インターネットで遊んだり(無線LAN完備)、昼寝をしたり、のんびりとした休日を過ごしてきた。冬場はスキー客以外の利用はないので昼間は実に静か。歩いて15分ほどのところにある温泉までの道では数台の車とすれ違う以外、人影がなかった。室内にいても物音ひとつしない。こんな環境が妙に心地よく、すっかり癒されて帰宅した。

もしかして私は、基本的には孤独を好むタイプなんだろうか? …というよりは、喧騒が嫌いなのかもしれない。騒がしい日常から離れて、ひとりで静かに過ごす休日もたまにはいいな、と思った。
| 国内旅行 | 23:48 | comments(2) | - | pookmark |
仕方がないこととはいえ
私はJ○Lユーザー。悪評が絶えないことは百も承知だが、なんだかんだと使わせてもらっている。

しかし、最近とーーーっても不満に思うことがある。バーゲンフェアの予約が全然取れないのだ! その原因のひとつは先行予約・一般発売ともに受付開始が平日の午前中だということ。私自身の熱意がないせいなのだが、平日の昼間はバーゲンフェアのことなどすーーっかり忘れている。たとえ思い出したとしても、仕事中に受付開始時刻を待ち構えてアクセスするなんてちょっと無理。そして帰宅してからどれどれ、とアクセスしてみると、既に週末の沖縄などの人気の路線は全てアウト。同じ不満を持っている勤め人も結構多いのではないかと思う。かといって、週末や平日の深夜からの受付開始は実現するはずがない。

そんなわけで、「国内線にファーストクラス導入」などというニュースを聞いても「…で?」という感じ。そんなことより、誰もがより安い運賃を利用しやすいシステムを考えてください、と思ってしまう。バースデー割引も廃止するということだし、そうなると私の国内線離れがますます進みそうだ。
| 国内旅行 | 21:38 | comments(2) | - | pookmark |
熊本 和数奇 司館(熊本市)
当初予約していたのは別のホテルだったのだが、たまたまインターネットで検索していて見つけたのがこのホテル「和数奇 司館」。名前の由来は「和数奇」→「和好き」→「和が好き」なのだそうだ。和の快適さを重視したという和創デザインのお部屋に加え、館内には岩盤浴施設や人工温泉もあるという。これしかない!と予約を変更したのだった。


立地の良さに加え、お部屋もサービスも岩盤浴も期待通り!岩盤浴には2回も行ってしまった。次回熊本を訪れる際にもぜひ利用したいホテルだ。
| 国内旅行 | 21:08 | comments(0) | - | pookmark |
倉敷・白壁の街並みを歩く<その2>
ホテルのレストランで朝食をとった後は、チェックアウトの時間まで部屋でのんびりしていた。チェックアウト後にホテルに隣接している大橋家住宅を見学。今からおよそ200年前に建てられた町屋である。
大橋家住宅1大橋家住宅2
大橋家住宅3大橋家住宅4
再び倉敷川沿いに向かい、昨日見学できなかった倉敷考古館と日本郷土玩具館へ。考古館には倉敷市をはじめ、岡山県一帯の考古学的な資料を陳列してあり、日本郷土玩具館には日本国内だけでなく、世界各地の郷土玩具が5000点あまり展示されている。
倉敷考古館
日本郷土玩具館1日本郷土玩具館2
日本郷土玩具館3日本郷土玩具館4
それほどお腹は空いていなかったのだが、もう一度ままかりが食べたい!の一念で、「郷土料理 浜吉」へ。注文したのはもちろん、ままかりづくしのままかり定食。…大満足!
ビールとつきだしままかりの酢漬け
小鉢ままかりの刺身
ままかり寿司
食後は井上家住宅へ。見学できるのは土間の部分と主屋の一部、表屋の手前の部分だけだが、主屋はなんと、300年ほど前の建物だとか。
井上家住宅2井上家住宅1
飛行機の時間までまだ余裕があるので、アイビースクエア内のオルゴールミュゼに行ってみた。ちょうど3時からのオルゴールコンサートが始まるところだった。100年ほど前に造られたというシリンダーオルゴール、ディスクオルゴールなどの音色を堪能することができた。
オルゴールミュゼオルゴールミュゼ2
最後に向かったのはこだわりのコーヒー店、「珈琲館」。注文したのはこのお店の自慢の一品だという「琥珀の女王」という、水出しの濃厚なコーヒーに生クリームとリキュール、蜂蜜を加えたもの。これはもう絶品!!
珈琲館琥珀の女王
実は少し前から体調を崩していて、この旅行に行って平気なのかなぁ、と思っていたのだが、この2日間は嘘のように元気だった。やはり…旅行が一番の薬なのかもしれない。
| 国内旅行 | 21:21 | comments(0) | - | pookmark |
倉敷・白壁の街並みを歩く<その1>
今度は倉敷に来ていたりする…

古い街並みが好きだ。白壁やなまこ壁の蔵の立ち並ぶ街を歩いているとなんだか心が落ち着く気がする。
美観地区1美観地区2
早めの昼食は美観地区の中にある「あちの郷 つね家」で。ままかりは必ず食べたいと思っていたので、ままかりのついたお昼のコースにした。
ままかりお造り
揚げ物煮物
ご飯とお味噌汁デザート
食後はアイビースクエア内の児島虎次郎記念館、大原美術館を見学。大原美術館は洋画家である児島虎次郎の業績を記念して建てたもので、本館にはエル・グレコやモネ、ルノワール、セザンヌなどの作品のコレクションが展示されている。難点は…観光地の中にあるので非常に騒がしいこと。社員旅行とおぼしき団体がほろ酔い状態でやってきて、ワイワイガヤガヤしながらろくに絵画を見もせずに通過して行く姿が結構見られたのが残念。その点、児島虎次郎記念館の方は静かに絵画を鑑賞できてよかった。
アイビースクエア大原美術館
一度ホテルに戻って少し休憩し、日没を待って再び美観地区へ足を運んだ。
夜の美観地区1夜の美観地区2
夜の美観地区3夜の美観地区4
夕食はホテルのレストラン「八間蔵」で。ここは隣接している大橋家住宅の米蔵を改装したフレンチのレストラン。
食前のおたのしみオードブル
温かいオードブルコンソメスープ
魚料理お口直しのシャーベット
メインの肉料理サラダ
デザート
よく歩き、よく食べた1日だった…。
| 国内旅行 | 23:29 | comments(0) | - | pookmark |

CALENDAR

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< November 2017 >>

SELECTED ENTRIES

RECENT COMMENT

CATEGORIES

ARCHIVES

MOBILE

qrcode

LINKS

PROFILE

SEARCH


人気ブログランキングへ