明洞花マッド汗蒸幕(ソウル市)
何度も訪れているのに、まだ記事にしていなかったことに気付いた。
地下鉄乙支路3街駅から歩いてすぐ(ウェスティンからも徒歩圏内)のところにある、「明洞花マッド汗蒸幕」。
お気に入りだった「永東汗蒸幕」が閉店してしまって以来、新たなお気に入りになったお店だ。

お店の外観も内装もピンクで統一されていて可愛い。



まずはロッカーで着替え。





着替えを済ませて中に入る。

私以外にお客さんがいなかったので、内部の写真を撮らせてもらった。

まずは汗蒸幕でたっぷり汗をかき、少し休んでからお隣のアメジストサウナへ。

シャワーで汗を流した後は、ゲルマニウム風呂と人参風呂で更に体を温める。

次はいよいよ垢すり。
垢すりの後は簡単なマッサージとパック、シャンプーをしてくれる。
「永東汗蒸幕」にはかなわないものの、いつも丁寧に施術してくれるのが気に入っている。

身体がピカピカになったところで、泥パック。
左が顔用の濃度の濃いもので、右が身体用。

全身を泥でパックしてもらった後は乾燥室でしばし待機。

基本コースを予約すると、カッピングか産毛とり、よもぎ蒸しのどれかをサービスしてもらえる。
よもぎ蒸しはかなり熱い。

全ての施術が終わった後はロッカールームで着替え。
アメニティも充実しているので、化粧道具さえ持参すればあとは何もいらない。



オプションで、チマチョゴリを着ての写真撮影もできるらしい(やったことはないけれど)。

汗蒸幕のお店にありがちなのが、しつこい勧誘&それを断った時のサービスの豹変。
だが、このお店ではそういったことは一切なし。
定宿にしているウェスティンからも近いので、今後も通うことは間違いない。

<明洞花マッド汗蒸幕>
住所   ソウル市中区乙支路3街295−4 B1F
電話   02−2268−5510
営業時間 9:00〜23:00
定休日  旧正月当日

| 海外旅行・ソウル(癒) | 22:38 | comments(0) | - | pookmark |
リュ・ジョンウォン・スキン&アートメイク(ソウル市)
今回のソウル旅行のメインイベント、眉のアートメイクに挑戦!明洞界隈だけでも評判のいいお店が数軒あり、どこにしようかさんざん迷った末、このお店に決めた。日本のオズメイクアップ、フランスのジャンピエールプレエリオンのメイクを学んだという先生の技術は国内でもトップクラスとのこと。
…とはいえ、不安がなかったわけではない。一番の不安は痛みや腫れに対するもの。表皮層と顆粒層の間つまり肌下0.01〜0.03mmの部分に色素を加える、ということは多少皮膚に傷をつけるようなものだろうし、炎症が起きても不思議はない。まぁ、比較的痛みには強い方なので、これはもう、痛かったら痛かったで我慢するしかない、と腹を決めた。

お店は明洞駅から近い、「古宮」などのある通り沿いの建物の2階にある。ドキドキしながらお店に入ると、リュ先生が笑顔で迎えてくれた。まずはお茶をいただきながらカタログの中から好みの眉の形を選ぶ。かなり迷ったが、あまり冒険するのもどうかと思い、今までの眉の形に近いものを選んだ。

 
まずはアイブロウペンシルで眉を描いてもらい、形と色に納得したところで隣の部屋に移動して施術開始。

使うのはドイツのメディアンテック社製のデジタルの機械。スイッチを入れると歯医者を連想させる、ウィーーーン、という音が! その音に思わず体に力が入ってしまう。写真のブルーの機械が眉用でシルバーのものがアイライン用だそうだ。痛み止め(右)と色素(左)をこの機械を使って入れていくらしい。
最初のうちはピリピリとした痛みを感じたが、慣れてくると眉の辺りをチョンチョンと触られている、といった感じで痛みは感じなくなってきた。ウィーーーンという音も慣れてくるとさほど気にならなくなった。
途中で一度鏡を見せてもらった。その時はまだ輪郭だけだったが、仕上がりのイメージはつかむことができた。
所要時間は30分〜1時間程度、とのことだったが、1時間ちょっとかけて丁寧に仕上げてくれた。施術終了後は眉の部分を冷やしながら、サービスのマッサージ。…せっかく冷やしてるのに血行をよくしちゃって平気なのかな(笑)?
眉の乾燥を防ぐ軟膏とマッサージで使った軟膏、そして柚子茶をお土産にもらってホテルへ戻る。1時間くらいすると麻酔が切れてきて、ちょっとズキズキするような痛みが出てきた。我慢できないほどではないけれど、何かしゃべっていないと痛みが気になってしまうため、ひたすらしゃべりまくって痛みを忘れる努力をしてみた(笑)。その痛みも1〜2時間ほどで治まり、その後丸1日くらいは眉の部分に触れると痛いくらい、その翌日には痛みはなくなった。

そしてこれが施術直後の写真。かなり色が濃く、「え??」という感じ(白く見える部分は乾燥を防ぐための軟膏が光っているため)。

しかし、上からファンデーションを塗るとこんな自然な感じになる。

そして施術から5日後、表面の皮が剥けてきた。無理に剥いたりせず、自然に剥けきるのを待てばきれいに仕上がるそうなのでひたすら我慢。描いたラインの外の眉毛が伸びてきたが、肌に負担をかけないため、剃るのも我慢。

施術から8日後。皮が剥けきり、スッピンでもこんな自然な眉に! 感動!!

お値段は現金払いだと10%オフのW180000(約18720円)。約半年くらいは持つそうで、その間化粧の時間が短縮できること、温泉やジムでも眉のない変な顔にならないで済むこと、そして次回はW50000で施術してもらえることを考えると、これはもうやめられない!

<リュ・ジョンウォン・スキン&アートメイク>
住所   ソウル市中区忠武路2街12−6 2F
電話   (02)779−2126、(011)732−2100
FAX  (02)774−2126
営業時間 10:00〜21:00
(夜間営業)21:00〜翌日7:00※毎週水曜日は休み/要1日前予約
休業日  年中無休
| 海外旅行・ソウル(癒) | 22:34 | comments(0) | - | pookmark |
ホテルプリマ 女性サウナ&フィットネス(ソウル市)

「ソウルナビ」の記事で見て気になっていた、2007年7月にオープンしたばかりの「ホテルプリマ 女性サウナ&フィットネス」。5階建ての建物の中には浴室とサウナ、ヨモギ蒸しやマッサージの部屋、フィットネス、ヨガ・瞑想ルームなど様々な施設があるのだそうだ。

入り口を入ってすぐのところにあるカウンターでロッカーキーを受け取り、代金はすべてロッカーキーにチャージされるシステムになっている。1階にはビューティーショップがあり、2階にはロッカールーム、サウナ、お風呂、ヨモギ蒸しの部屋、日焼け室がある。

さっそく2階のロッカールームへ。タオルや館内着はここで自由に借りることができる。パウダールームにはクレンジングやローション、綿棒、コットン、くしやブラシ、ドライヤーなどが備え付け。化粧水や乳液はなんと冷蔵庫に入れられている。
まずはお風呂。室内にはジャグジーと2種類のアロマバス、漢方風呂の4つの浴槽と水風呂、屋外には岩風呂と高温のヒノキ風呂がある。露天のヒノキ風呂以外は温度が低めなので、ゆっくりと浸かっていることができる。ただ、露天風呂に関しては少々においが気になり、長く入っていることができなかったのが残念。
サウナは湿式玉サウナと乾式ヒノキサウナの2種類。湿式玉サウナの方は熱すぎて私にはダメ。乾式ヒノキサウナの方はほとんど貸し切りでのんびりと入ることができた。
ホテルに併設された女性専用施設、ということもあり、比較的空いていて静かに過ごせるところが気に入った。

料金は「ソウルナビ」のクーポン利用でW14550(約1513円)。今回は時間の都合もあり、垢すりやマッサージを受けなかったので判断し難いのだが、お風呂とサウナだけの利用なら、多少騒がしくても汗蒸幕やチムジルバンのある施設の方がいいかな、という気がしないでもないのだが…次回はぜひ、垢すりなども体験してみたいと思う。

<ホテルプリマ 女性サウナ&フィットネス>
住所   ソウル市江南区清潭洞56−17
電話   (02)6006−9350〜2
休業日  年中無休
営業時間 24時間
| 海外旅行・ソウル(癒) | 19:55 | comments(0) | - | pookmark |
クイックスポーツマッサージ(ソウル市)

やはり原点に返ろう、ということで東大門運動場近くの「クイックスポーツマッサージ」の60分間の全身マッサージを予約した。


まずはロッカールームに案内される。ロッカールーム内にはシャワールームもあり、自由に使えるらしい(使わなかったが)。用意されていたTシャツとハーフパンツに着替えるが…このハーフパンツがデカイ。押さえていないとずり落ちそうで微妙に不安(笑)。

予約した時間より少し早めに着いてしまったので、しばらく待合室で順番を待つ。前回来た時にはこのスペースはなく、マッサージ室がやたらに広かったような気がするのだが、記憶が定かではない。

しばらくしてマッサージ室に案内された。まずはうつ伏せになって、首から肩、背中、腰のマッサージ。しっかりとツボを心得ているうえ、まさに「痛気持ちいい」という表現がぴったりな適度な強さで指圧してくれる。特に凝っている首と肩を念入りにマッサージしてもらい、すっかり満足。隣のベッドではあまりの気持ちよさに熟睡してしまったという旦那がいびきをかいていた(笑)。前回も旦那と一緒に行ったのだが、前回、今回共に2人ともが満足できたということは、おそらく、担当者による技術のばらつきがないのだと思う。これでW41000(約4276円)というお値段にも納得。このお店はリピート確定。

<クイックスポーツマッサージ>
住所   ソウル市中区乙支路6街18-185東大門ミリオレ14F
電話   (02)3393−1252、(02)3393−1253
営業時間 24時間営業
休業日  旧正月、秋夕

| 海外旅行・ソウル(癒) | 22:32 | comments(0) | - | pookmark |
蚕室水陽火汗蒸幕(ソウル市)

2007年11月にリニューアルオープンした「蚕室水陽火汗蒸幕(チャムシルスヤンプルハンジュンマク)」に行ってきた。
※「コネスト」でリニューアルオープンのアナウンスがあったのは1月下旬

フロント部分は以前とはかなり雰囲気が変わっていた。なんと、会員制と思われるジムまで併設している。しかし、入場料は20時までの入店だとW6000(約681円)、20時以降はW8000(約909円)と相変わらずリーズナブル。入場料以外の料金は全てロッカーキーにチャージされる形になり、下足箱が新しくできていた。下足箱から先は男女別のエリアになる(汗蒸幕や休憩所は男女共用)。まずはロッカーで着替えを済ませて、以前と同じ階段を下りると汗蒸幕や休憩所のあるスペースに出る。以前より若干広々した感じだろうか?



汗蒸幕そのものは以前と変わっていないのだが、新しくできたのがドクターフィッシュのコーナー。これはぜひとも試してみなければ!料金は30分間でW3000(約341円)。

そもそも、ドクターフィッシュとは、西アジアに生息する淡水魚で、コイ科のガラ・ルファの通称。37℃くらいの温水でも生息できるため、トルコの温泉などにもいるのだそうだ。温泉に入った人の古くなった角質を食べる習性があり、それによってアトピー性皮膚炎などの皮膚疾患の治療効果があるとか。

ドクターフィッシュのいる水槽に足をそーっと入れてみるとたちまちドクターフィッシュが群がってきた。…くすぐったい!!あまりのくすぐったさにしばらくは足をつけていることができず、何度も足を入れたり出したりを繰り返していたのだが、しばらくするとくすぐったさに慣れてきた。最初は足の裏を水槽の底につけていたのだが、思い切って足を浮かせてみても、何とか耐えられるようになった。慣れてみると、一生懸命カリカリしてくれているドクターフィッシュの小さな姿が可愛く思えてきた。30分後に足を水槽から出してみると、心持ちつるつるになったような??そして翌日は私も旦那も普段より足が軽く感じ、朝からホテルのジムでがっつりトレーニングをしてしまった(笑)。

ドクターフィッシュと汗蒸幕を堪能した後はお風呂へ。お風呂も以前と変わっていなかったが、ハーブや漢方のお風呂にゆっくり浸かってリラックスすることができた。

今回は利用できなかったが、毎週月・水・金曜日の14時からは、休憩スペースで無料ヨガレッスンがあったり、フェイスケア、タイマッサージ、スポーツマッサージなどもあるそうなので、機会があったら利用してみたい。

<蚕室水陽火汗蒸幕>
住所   ソウル市松坡区芳荑洞39−2 新東亜タワービルB1・2階
電話   (02)412−2040
営業時間 24時間営業
休業日  無休
| 海外旅行・ソウル(癒) | 22:52 | comments(0) | - | pookmark |
江南瑞草火汗蒸幕(ソウル市)
お気に入りだった「永東汗蒸幕」が2007年10月末で閉店してしまった。ソウルでの大きな楽しみを失ってしまい、「どこか、『永東汗蒸幕』にかわる汗蒸幕やマッサージのお店、エステはないかなぁ」とリサーチしていたところ、「永東汗蒸幕」のリピーターさんが結構このお店に流れているらしいことを知った。そして「ソウルナビ」の口コミの評判も結構いい。ものは試し、とこのお店に行ってみることにした。

お店の場所は、地下鉄3号線の南部バスターミナル駅の6番出口から歩いてすぐの場所。まず駅からのアクセスがいいことが気に入った。しかも、明洞界隈に宿泊している場合、地下鉄3号線への乗り換えは比較的便利。立地の面では合格。

予約していた時間より20分ほど早くお店に着いてしまったが、お店の人は笑顔で迎えてくれた。案内されたロッカールームには他のお客さんはおらず、貸し切り。化粧を落として用意されたガウンに着替えたところで、コースについての説明。



予約していたのは基本コース(汗蒸幕、顔の卵マッサージときゅうりパック、オイルマッサージ、牛乳マッサージ、シャンプー)だけだったが、オプションをすすめられた。予約した時には、とりあえず今回は基本コースだけにしておいて、気に入ったら次回からオプションをつけてみようかな、と思っていたのだが…典型的な日本人気質の私、説明を聞いているうちに、「試せるだけ試してみて、よくなかったらもう来なければいいんだし」という気分になってきてしまった。「それじゃあ、ヨモギ蒸しをお願いします」と言ったら「石膏パックが絶対おすすめ!うちの石膏パックは首から肩だけでなく、胸元までマッサージします」と力説するお店の人。実は昨夜行った「明洞Coolマッサージ」での激しいマッサージのせいでひどいもみ返しが来ていたので、その旨話して断ったが、「痛くないから大丈夫」との返事。肌荒れも気になっていた私、それなら、とついOKしてしまった。…本当に押しに弱い私である…情けない…。

まずは汗蒸幕。松の薪を燃やすという昔ながらのやり方でドーム内を暖めているのだそうだ。松を燃やすことで疲労回復、血液循環の促進、肌の美容、不眠症改善、発毛促進、肥満防止に効果があるとのこと。二重に重ねた麻袋を頭からすっぽりかぶって中へ入るとめちゃくちゃ暑い。「暑いので横になってください」とお店の人に言われ、麻袋をかぶったまま床に転がると、あっという間に朝が噴き出してきた。温度が高くて暑い、というよりは熱で体がヒリヒリする暑さだ。あまりの暑さ(「熱さ」と表現すべきか?)に長くは入っていられなかった。少し休憩してもう一度入る。さっきより更に暑く(熱く)感じられる。横向きに転がっていたのだが、床についている肩がものすごく熱くてあっという間にギブアップ。私的にはもう少し床の敷物を増やして欲しい気がした。

汗蒸幕の後は垢すりときゅうりパックとオイルと牛乳を使ったマッサージ。これはとても丁寧で、目を閉じていると「永東汗蒸幕」にいるような気分だった。

続いてヨモギ蒸し。ここのヨモギ蒸しは熱したヨモギの入った壷を椅子の下に置くタイプなので、最初のうちは結構熱いが、だんだん適温になっていく。途中で温度が少し下がってくると壷を台に乗せて座面に近づけるので、この時はさすがに「あちちち」という感じだった。ヨモギの他にミント系のハーブを使っているのか、蒸気を吸い込むとスーッとして気持ちよかった。

最後に石膏パック。担当してくれた人が「揉み返しで体が痛いそうですね。もし痛いところがあったら遠慮なく言って下さいね」と最初に声をかけてくれた。…おお〜〜きちんと話が通っている!とちょっと感動。そしていろいろ雑談をしているうち、担当の女性は以前は「永東汗蒸幕」で働いていたことがわかった。うぶ毛取りや石膏パックが担当だったとのことで、残念ながら「永東汗蒸幕」ではお世話になったことがなかったが、「お店の場所も結構近いから、もしかしたら『永東汗蒸幕』にいた人がいるかも?」とささやかな期待をしていただけになんだか嬉しかった。

全てのメニュー終了後にはヤクルトが1本サービス。ソウルナビのクーポンを持って行けば食事もつくのだが、行きたいお店があったのでクーポンは持参しなかった。

全体を通して感じたことは…技術に関しては合格点。一生懸命サービスしようという気持ちは充分伝わった。難を言えば、オプションの勧誘が断りづらい雰囲気だったことと、他のお店を悪く言うことが少々鼻についた(他店を悪く言うのはここに限らずよくあることだが)。次回はオプションの勧誘を何が何でもはっきり断ってみようと思う。それでもお店の人の態度が変わらなければ、ここが今後のお気に入りの店になるだろう。

<江南瑞草火汗蒸幕>
住所   ソウル市瑞草区瑞草3洞1588−5
電話   (02)586−9353
営業時間 9:00〜24:00
休業日  旧正月・秋夕
※明洞によく似た名前のお店がありますが、チェーン店ではありません。

| 海外旅行・ソウル(癒) | 22:12 | comments(2) | - | pookmark |
2度めの明洞Coolマッサージ(ソウル市)
前回ここのマッサージがとてもよかったので、再びやってきた。今回も同じく、90分間のスポーツマッサージを予約しておいたのだが…。

今回の担当者は男性。うつ伏せになってマッサージ開始。開始早々いきなり痛い。日本語の話せるスタッフが「痛くないですか?」と聞いてくれたので思いっきり「痛いです!」と答えた。するとそのスタッフが通訳してくれたのだが、返事は「痛いところは悪いところなんです。これから痛いところをほぐしていくと痛くなくなります」とのこと。…そんなぁ〜〜〜〜(涙)その後も何度も「痛い」と訴え続けたが、マッサージのスタッフはその度に鼻で笑うような感じで全く手加減なし。「もうやめてください!」と言いたくなった頃、マッサージは終了。よく90分間耐えたものだ、と自分で自分を褒めてあげたくなった。

前回の女性スタッフの名前を聞いておかなかったことを激しく後悔。今度ここに行く時には「女性スタッフを希望」と明記しておこうと思う。それでもダメだったらもう行くのはやめようと思う。

<明洞Coolマッサージ>
住所   ソウル市 中区忠武路2街65−6 4F
電話   (02)757−5566
営業時間 10:00〜22:00
休業日  正月、旧正月、秋夕
| 海外旅行・ソウル(癒) | 22:18 | comments(0) | - | pookmark |
明洞Coolマッサージ(ソウル市)
前回のソウル旅行の際に行った「ミナミエステサロン」が微妙だったので、またも初めてのお店に行ってみた。地下鉄4号線の明洞駅近くの「明洞Coolマッサージ」というお店だ。


予約したのは90分間のスポーツマッサージ(キャンペーン中でW55000・約6510円)。私のマッサージを担当してくれたのは女性、旦那の担当は男性のスタッフ。まずはうつ伏せからスタート。指先でツボを確認しながら指圧してくれるので、まさに「痛気持ちいい」という表現がピッタリなマッサージだ。あまりにも気持ちよくて、途中で眠ってしまったくらい。これほど強めのマッサージの最中に眠ってしまったのは初めてだ。
続いて仰向けになってのマッサージ。血行がよくなったせいで咳こんでしまった私に、スタッフが水を持って来てくれた。更に私の膝の手術跡を心配し、「これはいつ頃のものですか?痛くないですか?」と確認してくれたり、こんなさりげない気配りも嬉しい。最後はタイ式マッサージのような全身を使ったマッサージ。これも痛過ぎない程度にとどめてくれるので、体の硬い私も悲鳴をあげずに済んだ。

…やっと明洞界隈で信頼できるマッサージ屋さんを見つけた!

<明洞Coolマッサージ>
住所   ソウル市 中区忠武路2街65−6 4F
電話   (02)757−5566
営業時間 10:00〜22:00
休業日  正月、旧正月、秋夕
| 海外旅行・ソウル(癒) | 23:32 | comments(0) | - | pookmark |
Dream Bath(ソウル)
梨泰院にある、ヨモギ蒸しの専門店。ヨモギ蒸しとは…韓国に600年ほど前から伝わる民間療法のひとつで、漢方薬に水を加えたものを煮沸して蒸気を発生させたり、漢方薬に火をつけて煙を発生させ、座容器の下から立ち昇る蒸気や煙を女性のデリケートな部分から体全体に吸収させる、というもの。それによってダイエットや美肌、婦人病の改善や予防に効果があるといわれている。

お店に入ると看板犬がちょこんと座ってお出迎え。まずはヨモギ蒸しについての説明とカウンセリング。漢方はダイエット用、婦人病対策用、美肌対策用の3種類あり、それぞれ15種類ほどの漢方がブレンドされているのだそうだ。私はもちろん、ダイエット用をセレクト。

ロッカースペースで衣類を全て脱ぎ、厚手のゴム手袋のような素材でできた
ヨモギ蒸し専用のウエア(首から下をすっぽり包むようになっている)に着替え、ヨモギ蒸しの部屋へ。既に座容器に漢方がセットされ、湯気が立ち昇っている。スタッフが説明してくれた座り方で座容器の上に座り、そのまま約30分間。「それほど暑くならない」とスタッフは言っていたけれど、5分も経過すると既に私は汗だく。時々ウエアを持ち上げてパタパタして暑さを凌いだ。最後の5分間くらいは頭までウエアの中に入れると更に効果的、というので頭を突っ込んでみたが、とにかく暑い〜〜!! 終わる頃には水溜りができるほどの汗をかいていた。汗蒸幕や乾式のサウナは大丈夫なのだが、スチームサウナは苦手な私にはちょ〜〜っと辛いものがあった。

ヨモギ蒸しの後はコースについているマッサージと顔のパック、そしてオプションの石膏パック。マッサージは前日の揉み返しがあったために痛くて辛いものがあったが、石膏パックの効果はすごい!ヨモギ蒸しそのものに肌の調子を整える効果があるとのことで、この日から数日間は自分でも驚くほど化粧ののりがよかった。

終了後には日本人のスタッフが応対してくれた。私が「この近所にある参鶏湯のお店に行きたいんだけど」という話をしたら、「場所がちょっとわかりにくそうなんで、案内しますよ」となんとお店の前まで一緒に行ってくれた(残念ながらおめあてのお店は休みだったのだが)。とーーーっても親切なスタッフに感動!

<Dream Bath>
住所   ソウル市竜山区漢南洞683−130、2階
電話   (02)797−6996
営業時間 9:30〜24:00
休業日  公休日、旧正月、秋夕
| 海外旅行・ソウル(癒) | 22:14 | comments(0) | - | pookmark |
ミナミエステサロン(ソウル)
初めてのソウル旅行で利用した明洞の某汗蒸幕と、あまりにも腹が立ったので旅行記にすら書いていない明洞の某汗蒸幕の印象が非常に悪かったため、明洞界隈のお店には実は期待していなかった。しかし、お気に入りの「永東汗蒸幕」そして「蚕室スヤン汗蒸幕」が閉店、ということになったため、ソウルでの新しい楽しみをみつけよう、といろいろ調べてみた。すると、意外なことに明洞にも口コミで評判のいいマッサージのお店があるではないか! それがこの、「ミナミエステサロン」である。


「エステサロン」という店名だが、メニューは足ツボマッサージ、アロマオイルマッサージ、スポーツマッサージ、カッピングなどで、いわゆるソウルの「マッサージ店」である。私が予約したのは75分間のスポーツマッサージ(「ソウルナビ」のクーポン利用でW63000・約8042円)。担当してくれた女性はなかなかおもしろい人で、私の体があまりにも硬いので、ニヤッと笑って「ハイ、息を吐いて〜〜〜」と言いながら私にとってはしんどい角度まで関節を曲げてくれる。「痛〜〜〜〜い!」と私が声をあげるとまたニヤッと笑う。先日台北で「骨折か脱臼は免れないのでは」と身の危険すら感じるマッサージを経験したが、それと比較すればどうということはないのだが…やっぱり痛かった。…にもかかわらず翌日それほどひどい揉み返しはなかったので、結果的にはよかったのか??…少々微妙なところである。

<ミナミエステサロン>
住所   ソウル市 中区明洞2街53−9、4F
電話   (02)755−0555/(02)755−0559
営業時間 10:00 〜22:30
休業日  年中無休
| 海外旅行・ソウル(癒) | 21:05 | comments(2) | - | pookmark |

CALENDAR

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< September 2017 >>

SELECTED ENTRIES

RECENT COMMENT

CATEGORIES

ARCHIVES

MOBILE

qrcode

LINKS

PROFILE

SEARCH


人気ブログランキングへ