ワルン・エロパ(バリ島・クロボカン)
以前から何度もお店の前を通り、気になっていた「ワルン・エロパ」に行ってみることにした。
看板にもあるように、このお店の看板メニューはベベッ(ダック)。





迷うまでもなくベベッ・ゴレンとビンタンを注文。
ベベッの付け合せにはポテトかご飯が選べるとのことなので、ナシ・メラをつけてもらった。
待つことしばし、こんがりと焼けたベベッが運ばれてきた。

鶏肉に比べるとやや臭みを感じるが、身は軟らかく、ジューシー。
サンバル・マタを付けて食べると、味がしまっておいしさが増す。
あまりお腹が空いていなかったので完食はできなかったが、ビールのいいつまみになった。

<Warung EROPA>
住所   Jl.Petitenget No.9D
電話   0361−7471771

| 海外旅行・バリ島(食) | 22:56 | comments(0) | - | pookmark |
MASE キッチン&バー(バリ島・クロボカン)
天気が思わしくなかったので、泊まっているホテル「マカ・ヴィラズ&スパ」に併設されたレストラン「MASE キッチン&バー」で夕食をとることにした。

少し早めの時間に私が入店した時には、他のお客さんは数組しかいなかったが、ホテルの外からも次々とお客さんが来店し、あっという間に席が埋まっていったのには驚いた。

ワインの気分だったのでシャルドネをグラスで、そしてお料理はシーザーサラダとマヒマヒのグリルを注文した。

しかし…お客さんの数に対してキッチンのスタッフの数が不足しているのか、料理が出てくるのがめちゃくちゃ遅い。
もう料理が出てきてもいいだろう、という頃にオードブルが運ばれてきた。

ホールのスタッフの愛想は非常によく、何度も「時間がかかってしまって申し訳ありません」「もう少々お待ちください」と声をかけてくれるのだが、それにしても遅すぎる。
手持無沙汰になってしまうので、ゆっくりと飲んでいた2杯めのワインがなくなる頃、ようやくサラダが運ばれてきた。

この時、私がお店に入ってから既に1時間が経過していた…。
店内はほぼ満席で、日本人の姿もちらほら(どうやらJTBのツアーに組み込まれているらしい)。
待ちに待ったサラダの味は…塩辛い。
半分くらいでパスして、お皿を下げてもらった。
メインのマヒマヒのグリルが運ばれてくるまでに待つこと更に40分。
いい加減食欲も失せて来ていた。
…が、スタッフが「遅くなってしまったお詫びにグラスワインを1杯と、デザートをサービスさせてください」というので、ありがたくいただくことにした。

3杯めのワインと共にいただいたマヒマヒのグリルは…今度は味がない。
ここでまた激しく敗北感。

ホテルのレストランにしては良心的な価格設定ではあるが、肝心の味に関しては今一つのようだ。
それなのになぜこんなに人気があるのか謎だ。

最終日のチェックアウト後に、他に選択肢がなかったために再訪した。
朝食の味からしてあまり期待はできなかったが、今度はインドネシア料理を、とナシ・チャンプルを注文してみた。
飲み物は、ウェルカムドリンクで出されたノンアルコールのモヒートがおいしかったので、今度は本物のモヒートを注文。
飲み物は割とすぐに運ばれてきた。

そして、また忘れた頃にオードブル。

またものろのろと、なめるようにモヒートを飲みながら、お料理が出てくるのを待つ。
幸い15分ほどで料理は出てきた。
(それでも遅いと思うが…)

おかずは…肉類ばかり。
かなりへヴィーなナシ・チャンプルだ。
あまりお腹が空いていなかったこともあり、ただひたすら重かった。
(でもここで食べておかないと夜まで何も食べられないため、やむを得なかった)

多分ないとは思うが、次回またこのホテルに泊まることがあったら食事は外に出た方がよさそうだ。

<MASE KITCHEN&BAR>
住所   Jl.Lebek Sari,No.7,Petitenget,Seminyak
電話   0361−739090

| 海外旅行・バリ島(食) | 22:00 | comments(0) | - | pookmark |
ワルン・バタビア(バリ島・スミニャック)
クンティ2通りから少し入ったところにある「ワルン・バタビア」。
地図を見た感じでは、本当にこんなところにお店があるんだろうか?と思ったが、確かに地図通りの場所にお店はあった。

しかし、ちょうどお昼時にもかかわらず、結構広い店内にお客さんの姿はまったくない。

…こんな奥まったところでは無理もない。
少なくともここまでわざわざ歩いてくる観光客はそうそういないと思われる。
貸し切りの店内で、ショーケースから好きなおかずを選んでナシ・チャンプルを作ってもらう。







ご飯はナシ・クニンを、おかずは5種類。
飲み物はもちろんビンタン!と思ったのに、「ビールはない」と言う。
…だったらビンタンの看板を出さないでください…(涙)。
仕方ないのでエス・ジュルック(オレンジジュース)を注文。

おかずの味付けはマイルドで、連日結構辛めのナシ・チャンプルを食べ続けていた私には少々物足りなかった。

エス・ジュルックはその場で作ってくれるのだが、これが意外と美味。
…でもやっぱりビールがいい…。

<Warung Batavia>
住所   Jl.Kunti,Br.Tag−tag,Kuta
電話   0361−7421525
営業時間 9:00〜21:00
定休日  なし

| 海外旅行・バリ島(食) | 22:17 | comments(0) | - | pookmark |
カフェ・マルザノ(バリ島・スミニャック)
どういうわけか、無性にワインが飲みたくなった。
そこで、以前も行ったことがあるイタリアンのお店、「カフェ・マルザノ」に行くことにした。



私が店に着いた時にはまだ空席が目立っていたが、メニューを見ているうちにどんどん席が埋まっていき、あっという間に満席になった。
少し早めに来てよかった。

ワインリストにイタリアのワインがあったので(バリのワインはおいしくない)、これを注文すると、「ない」との答え。
あるのはバリのワインだけだという。
一瞬それならビールにしようかとも思ったが、やはりどうしてもワインの気分だったので、赤ワインをグラスで注文。

これが…残念ながら甘みが強く、口に合わなかった。
敗北感の漂う中、プロシュートサラダとピッツァ・マルゲリータを注文。



ピッツァは軽く2人前はあろうかという大きさだった。
おいしいのだが、残念ながら半分も食べることができなかった。
会計を頼むと、「持ち帰りますか?」と聞かれたが、持ち帰っても食べられる見通しがないので、申し訳ないけれどお断りした。
今度はもっとお腹を空かせて行かなければ!

<Cafe Marzano>
住所   Jl.Double Six,Seminyak
電話   0361−8744438
営業時間 8:00〜25:00
定休日  ニュピ

| 海外旅行・バリ島(食) | 22:37 | comments(0) | - | pookmark |
マデス・ワルン2(バリ島・スミニャック)
なぜか今まで食事で利用したことのなかった「マデス・ワルン2」に行ってみることにした。

門をくぐると、店内は改装中で、今までの半分くらいのスペースで営業していた。
夜は相当混みあうらしいので、この広さでは予約なしでは入れないのではないかと思われる。



注文したのは迷うまでもなく、ビンタンドラフト(生があるところは珍しい!)とナシ・チャンプル・スペシャル。



ナシ・チャンプル・スペシャルは驚くほどおかずの種類が多く、お皿の上に「これでもか!」というくらい豪勢に盛り付けてある。
しかも、肉、魚、野菜料理とバランスも良く、この一皿で1日に必要なすべての栄養素の何分の1かが摂取できるのではないか、と思うほどだ。
さすがに量が多くて完食はできなかったが、観光客率限りなく100%のお店にしてはスパイシーな味付けで、私好みだった。

<Made’s Warung2>
住所   Jl.Raya Seminyak,Seminyak
電話   0361−732130
営業時間 10:00〜24:00
定休日  なし

| 海外旅行・バリ島(食) | 22:15 | comments(0) | - | pookmark |
ワルン・ワハハ(バリ島・スミニャック)
ガイドブックを見ていると、「ワルン・ワハハ」という面白い名前のお店を見つけた。
この日は、スパが当たりだったことを除けば、今一つついてない1日だったので、なんとなくここに行ってみよう、という気になった。

昼間さんざん歩いたくせに、懲りもせずに歩いてお店に向かった。





お店に着いてメニューを見てが〜〜〜〜ん。
このお店のメインのメニューはポークスペアリブだったのだ。
お店の看板を見た瞬間から予感はしていたものの、スペアリブなら昨夜食べたばかりだ…(汗)。
そればかりか、ガイドブックには「グレイ・サピ(インドネシア風ビーフシチュー)がおいしい」と書いてあったのに、メニューに「グレイ・サピ」の文字はない。
いくら前日のポークスペアリブがハズレだったからといって、2日続けて食べる気にはなれない。
かといって、ナシ・ゴレンやミー・ゴレンでは芸がなさすぎる。
仕方ないのでクリスピー・リブなるものを頼んでみた。



結果的にはおいしかったのだが、2日続けてポークリブを食べることになるとは…。

教訓。
ガイドブックの情報を鵜呑みにしてはいけない(学習能力がない私…)。

<Warng Wahaha>
住所   Jl.Sunset Road,No.1689,Seminyak
電話   0361−8869858
営業時間 11:00〜22:00
定休日  なし

| 海外旅行・バリ島(食) | 21:59 | comments(0) | - | pookmark |
バレ・ウダン・マン・エンキン(バリ島・スミニャック)
本当は、少し前の「バリフリーク」で紹介されていた「ジャドゥル」というお店で昼食をとるつもりだった。
…が、お店の場所までやってくると、看板と、かつてそこにお店があったであろう名残は残っているものの、明らかにつぶれた雰囲気。
仕方ないので第2候補にしていた「マン・エンキン」に行くことにして、歩いてお店に向かう。

このお店はシーフードがメインのお店。
水上のガゼボ席がいい雰囲気だ。



メニューを見ながら何を食べようか考える。
シーフードがメインのお店で肉を食べることはないだろう、とまずは肉を除外。
メニューには写真と辛さの度合い、おすすめマークがついているので、それらを参考に、グラミ・フライング・ジャンボ(鯉の丸揚げ)を頼んでみることにした。
サンバルは6種類の中から選べるので、サンバル・トマトにした。
待つことしばし、運ばれてきたのは見事にのけぞった大きなグラミ。

グロテスクな姿に加え、少々臭みがあるものの、意外と味は淡白で、サンバルを付けて食べると、ビールのつまみにはぴったり。

周りのテーブルを見てみると、比較的一皿の量が多いようなので、このお店は大勢で行って、シェアして食べた方がいいかもしれない(ナシゴレンやミーゴレンなどのメニューもあります)。

<BALE UDANG Mang Engking>
住所   Jl.Nakula No.88,Sunset Road,Kuta
電話   0361−8822000
営業時間 11:00〜23:00
定休日  なし

| 海外旅行・バリ島(食) | 22:25 | comments(0) | - | pookmark |
ゴーシャ・バー&レストラン(バリ島・スミニャック)
ポークスペアリブがおいしい、という「ゴーシャ・バー&レストラン」。





テラス席とエアコンの効いた室内の席があったので迷わず室内を選び、メニューを見るまでもなく、ビンタンとポークスペアリブを注文。
ポークスペアリブが焼きあがるまで20分くらいかかるという。
それまでの間はとてもフレンドリーなお店のスタッフが、入れ代わり立ち代わり私のところに来ておしゃべりに付き合ってくれた。
実は出発の2週間ほど前から、以前習っていたインドネシア語の復習をしていたので、このスタッフとのやり取りはいい勉強になった。

そうこうしているうちに運ばれてきたポークリブは、味付けはいいのだが、可食部が異様に少ない。
おまけにごく少ないそのお肉でさえも、身のはがれが悪いので余計に食べられない。

お蔭でデザートのアイスクリームを食べる余裕があったが、残念ながらこのお店の再訪はないだろう…。

<Gosha Bar&Restaurant>
住所   Jl.Camplung Tanduk,Seminyak
電話   0361−738701
営業時間 12:00〜23:00
定休日  なし

| 海外旅行・バリ島(食) | 22:09 | comments(0) | - | pookmark |
ワルン・ピリピリ(バリ島・スミニャック)
徒歩で向かったのは友達のHamuさんの行きつけのお店、「ワルン・ピリピリ」。
お店の場所は、前回TOMOさんと一緒に行って、残念ながらハズレだった「CASA LOCA」のすぐ近くだった。

お店に着いてまず感動したのは、エアコンがあること! 
こんなに街の中心部から離れた場所にあるワルンに、まさかエアコンがあるとは予想もしていなかったので驚いた。
結構な距離を歩いてきて大汗をかいていた体には、とても嬉しいサービスだ(普通は歩かないと思う…)。

次に感動したのは、ビールがキンキンに冷えていること。
ここまで冷たいビールを出してくれるお店はそうそうない。
それなのに他のお店に比べて値段が安い。

エアコンと冷えたビールのお蔭ですっかり汗もひき、快適。
食事は、メニューに載っているアラカルトか、ショーケースにあるおかずを選ぶナシ・チャンプルかの選択。
私は迷うことなくショーケースへ。
ご飯はナシ・メラを、おかずにjは野菜料理を中心にしたヘルシーなものを、ちょっと欲張って5種類選び、ナシ・チャンプル完成。

このお店のおかずの味付けは比較的マイルド。
私が選んだ中ではナンカ・カレー(ジャックフルーツのカレー)が特においしかった。
熱気の中で地元の人に混じって食べるナシ・チャンプルもいいけれど、エアコンの効いた室内でゆっくりと味わうナシ・チャンプルに大満足。

<Warung Pili−Pili>
住所   Jl.Merthanadi 63,Seminyak
電話   0361−9604214
営業時間 12:00〜21:00

| 海外旅行・バリ島(食) | 21:54 | comments(0) | - | pookmark |
ワルン・レソン・パディ(バリ島・スミニャック)
夕食は近場で済ませようと、ガイドブックや「バリフリーク」の地図を眺めていた。
すると、「ワルン・レソン・パディ」という店名を発見。
かなり前のことになるが、TOMOさんのサイトでこのお店のナシ・アヤム・サンバル・マタがおいしい、という記事があったことを思い出し、ここに行ってみることにした。
お店の場所は、夜遅くなると真っ暗になってしまう通り沿いのため、明るいうちにホテルを出発。

お店の前まで来てみると、他のお客さんの姿はない。
でも営業していない、という感じではなかったので、お店の中に入ってみた。

さて、注文はビールとナシ・アヤム・サンバル・マタ!と思いきや…メニューの中にその文字はない。
何度見てもない。
TOMOさんが心配していた通り、あまりにも安すぎて採算が合わないために、メニューから消えてしまったものと思われる…。
それじゃあ、どうしよう…と悩むことしばし、名前からしてナシ・アヤム・サンバル・マタと味付けが似ているであろう、バリニーズ・チキンなるものを注文してみることにした。

運ばれてきたものは見た目には淋しいが、確かにサンバル・マタのかかったチキンのソテーだった。
結果的には量もちょうどよかったし、ビールの良いつまみになった。

<Waroeng LESONG PADI>
住所   Jl.Drupadi 89A,Seminyak
電話   0361−7829900,737702
営業時間 10:00〜22:00

| 海外旅行・バリ島(食) | 21:34 | comments(0) | - | pookmark |

CALENDAR

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< July 2017 >>

SELECTED ENTRIES

RECENT COMMENT

CATEGORIES

ARCHIVES

MOBILE

qrcode

LINKS

PROFILE

SEARCH


人気ブログランキングへ