すし善本店(札幌市)
私は3回めになるが、旦那にも是非、本店の味を知って欲しくて、出発の数日前に予約しておいた「すし善本店」へ。

涼しげな水色のナプキン(という言い方でいいのだろうか?)がお出迎え。

注文はおまかせで。
この段階である程度の出費は覚悟した。

ビールと共に出されたお通し。
とても上品な味付けで、既に本店の風格を感じる。

ビールのつまみに、殻ごと食べることができる海老をいただく。

名前を忘れてしまったのだが…貝のお刺身。
歯ごたえがあって甘い。

すし善オリジナルの日本酒「ZEN」。

北寄貝とこれまた名前を忘れてしまったのだが…お刺身の2点盛り。

コーンを揚げたもの。
驚くほどコーンが甘い!

おすすめの日本酒を追加オーダー。

蛸の煮物。
口に入れた瞬間にとろけてしまうほどの柔らかさ!

玉子焼き。
ここまでうまく焼けるようになるには相当の修行を積むのだそうだ。

そろそろお寿司を握ってもらうことにする。
まずはヒメマス。

イクラ。
このプチプチ感がたまらない。

ちょうど生きた牡丹海老が手に入ったというのでこれを握ってもらうことに。

さっきまで生きていた牡丹海老の握り。
なんとも贅沢な一品。

これは…なんだったっけ?
いろいろ詳しく説明していただいたのに、メモを取っておかなかったことを後悔。

さきほどの牡丹海老の頭の部分を焼いてもらった。
香ばしくておいしい。

岩海苔のお味噌汁。

鯖を甘だれで。

そしてバフンウニ!!
思わず笑みがこぼれてしまうおいしさ。

トロたく巻き。
やはり本店のものは違う。
断然こちらの方がおいしい!!

穴子。

山山葵を見せていただいた。

その山山葵を使った烏賊の握りで〆。

最後に柚子のシャーベット。

覚悟はしていたものの、ものすごいお会計になったことは言うまでもないが、充分その価値があるお料理の数々だった。
札幌を訪れた際には必ず訪れたいお店だ。

<すし善本店>

住所   札幌市中央区北1条西27丁目
電話   011−612−1168
営業時間 11:00〜15:00、17:00〜22:00
定休日  月曜日

| 国内旅行・北海道 | 07:56 | comments(0) | - | pookmark |
根室花まる JRタワーステラプレイス店(札幌市)
GWに大行列で入ることができず、やむを得ずテイクアウトした、JRタワーステラプレイス内にある回転ずしのお店「根室花まる」。
今度こそ、店内で握りたてのお寿司をいただこうと、前回の反省を生かし、早めの来店。
しかし…案の定長蛇の列。
70分待ちとのことなので、名前を書いて受付をした後は本屋で時間をつぶし、入店予定時刻の20分ほど前にお店の前に戻ってきた。
名前が呼ばれたのはほぼ予定通りの時刻。

店内で待つことしばし、ようやくカウンター席に案内された。
さぁ、食べるぞ〜〜〜!!

まずはさんまから。

続いてえんがわ。

トロサーモン。

中トロ。

帆立。

ビールがなくなったので日本酒をオーダー。
すっきりとして飲みやすいお酒だ。

ソイ。

時知らず。

さば。

鰊。

タラバガニ。

炙りサーモン。

かんぱち。

イクラ。

烏賊ポン酢。

一本穴子。

鉄火巻き。

〆は蟹味噌。

…食べ過ぎ(笑)。
実際、どこよりも高く、私たちのお皿は積み上げられていた。

以前、札幌で乗ったタクシーの運転手さんが「北海道の回転寿司は、質が高いですよ」と言っていた。
まさにその通り。
うちの近所の回らないお寿司屋さんで食べるものと同じか、それ以上においしかった。
これでもう少し待ち時間が短ければ再訪するのだが…。
平日の夜でもこんなに行列しているものなのだろうか?>地元の方

<根室花まる JRタワーステラプレイス店>
住所   札幌市中央区北5条西2 札幌ステラプレイスセンター6F
電話   011−209−5330
営業時間 11:00〜23:00
定休日  なし
 
| 国内旅行・北海道 | 19:21 | comments(0) | - | pookmark |
ふじ鮨本店(積丹町)
今年もおいしい雲丹を求めて積丹までやってきた。
今回は札幌泊のため、近いところで美国の「ふじ鮨本店」でこの時期にしか食べることができない、バフンウニをいただくことにした。

豪勢にバフンウニのみの赤雲丹ちらしもよかったのだが、ムラサキウニも味わってみたかったので赤白ちらしを注文。

嗚呼、まぶしいこのコントラスト!!!
1年間これを待ち望んでいたのよ!

醤油をかけてしまうのがもったいないので、例によって何もつけずに味わう。
…とろけるこの食感、口いっぱいに広がる磯の香りと甘さ!
次はまた1年後まで味わえないので、じっくりと味わった。

少しお腹に余裕があった&もう少し飲みたかったので、積丹ワインの赤と烏賊のお刺身を追加オーダー。

積丹ワインの赤は…甘口。
これだけで味わえばおいしいのだが、お刺身には合わなかった。

烏賊のお刺身。
こちらもとろけるような甘さ。

これでまた当分の間、やたらなお刺身や雲丹は食べられないな…。

<ふじ鮨本店>
住所   積丹町大字美国字船潤120-6
電話   0135−44−2016

営業時間 11:00〜21:00


| 国内旅行・北海道 | 11:33 | comments(0) | - | pookmark |
けやき 本店(札幌市)
札幌ラーメンの有名店「けやき」に懲りずに行列覚悟で行ってきた。
…が、時間が早かったため、なんと待ち時間なし!!
私たちが帰る頃には行列ができ始めていたので、6時頃の入店がおすすめかもしれない。

注文は入り口付近の券売機で食券を買う方式。
ビールが缶ビールなのはまあ仕方ない、ということで…。

もちろん味噌ラーメンに煮玉子のトッピングをオーダー。
店主がきちんとスープの味を確認しながら作っている姿にこだわりを感じ、好感度アップ!

よく見ると玉子に「けやき」の文字が。

期待のお味は…
麺は手打ちで濃厚なスープとよくからみ、今までに札幌で食べたラーメンの中では一番おいしい!
このお店は本当におすすめだ。
今度は味噌ラーメン以外のラーメンも食べてみたい。

<けやき 本店>
住所   札幌市中央区南6条西3丁目睦ビル1F
電話   011−552−4601
営業時間 10:30〜翌4:00
定休日  なし

| 国内旅行・北海道 | 12:32 | comments(0) | - | pookmark |
すし善 大通店(札幌市)
本当は本店に行きたかったのだが、前日に電話したところ、生憎予約で満席とのこと。
そこで「すすきの店か大通り店ならまだ空席があるかもしれません」とのことだったので、大通り店に予約を入れて行ってみた。

注文したのは「旬のおまかせ」。
まずはセットのサラダ。

続いて握りがひとつずつ出される。
最初は平目。

北寄貝

牡丹海老

サーモン

あわび

烏賊

トロ

「すし善」オリジナルの「千歳鶴 ZEN」をいただく。
とても飲みやすく、気に入ったので、帰りに千歳鶴ミュージアムに寄ってみることにした。

箸休め

これは…なんだったっけ??

雲丹

いくら

椀物

穴子

最後は玉子。
シャリなしかシャリありを選ぶことができる。

追加でトロたく巻きを。
私は大葉抜きにしてもらった。

こちらは大葉入り。

デザートは桜のアイスクリーム。

やっぱり本格的なお寿司屋さんのお寿司は上品な味わいだ。
でも本店の方がよりおいしかったように思うので、次回は早めに予約を入れて、本店を訪れたい。

<すし善 大通店>
住所   札幌市中央区大通西3丁目 北洋大通センター4階
電話   011−207−0068
営業時間 11:00〜15:00、17:00〜22:00
定休日  毎月第2・第3水曜日

| 国内旅行・北海道 | 22:36 | comments(0) | - | pookmark |
根室花まる JRタワーステラプレイス店(テイクアウト)
これまた行列覚悟でステラプレイス内にある回転寿司店「花まる」へ。
やや遅めの時間に行けば少しは空いているだろう、と思ったのだが…思いっきり甘かった。
なんと驚愕の100人待ちで、今から並んでも閉店時間までに入ることができないので、と断られてしまった。
とても楽しみにしていたため、少々キレ気味の旦那が「なんとかならないんですか?」と店の人に詰め寄ったところ、持ち帰りならなんとかできます、とのこと。
ここからホテルまでは結構時間がかかるので、一瞬迷ったが、今更別のお店をリサーチするのも面倒だし、他に行ったからといって入れる保証はないし、かといってとりあえず入れるお店に行くのも悔しかったので、テイクアウトで妥協。

そうして持ち帰ったお寿司がこれ。
イクラとウニ、ホタテとトロ。

蟹味噌とハマチ、サーモンとイカ納豆。

穴子。

そしてタラバ蟹。

握ってから1時間近くたってから食べたにもかかわらずなかなかおいしい。
特に穴子はやわらかくておいしい!!

…ということは、握りたてをいただいたら、うちの近所の回らない寿司屋と同レベルのお寿司が、半額以下で食べられるということなのではないかと思う。

…この次はもっと早い時間に行って、店内で食べよう!

<根室花まる JRタワーステラプレイス店>
住所   札幌市中央区北5条西2 札幌ステラプレイスセンター6F
電話   011−209−5330
営業時間 11:00〜23:00
定休日  なし
 
| 国内旅行・北海道 | 22:56 | comments(0) | - | pookmark |
サッポロビール博物館(札幌市)
GW後半の札幌はあいにくのお天気。
かといってホテルにこもっているのもおもしろくないので、軽い気持ちで「サッポロビール博物館でも行ってみようか?」ということになった。

まずはレンガ造りの趣のある建物に圧倒される。

せっかくなので無料のガイドツアーに参加した。
まだガラス瓶が貴重で、王冠がなかった時代のビール(1800年代のもの)について説明してもらったり、サッポロビールの歴史、ビールの製造過程について教えてもらった。

これはビール仕込み用の銅釜。

宣伝用の看板に

年代順に並んだポスター。

そして缶ビールのおいしい注ぎ方まで教えてもらい、ガイドツアーは終了。

ツアーの後はお楽しみの試飲タイム(有料)。

「サッポロ生ビール黒ラベル」、「サッポロクラシック」「開拓使麦酒」の3種類とチーズがついて1000円。
なかなかお得なセットだ。
「開拓使麦酒」が気に入ったので、お土産に買うことにした。
ついでに、ガイドツアーで教えてもらった、北海道産の原材料のみで作ったというビールも1ケースお買い上げ。
(もちろんどちらも発送した)

あまり期待せずに訪れた博物館だったが、こんなに楽しめるとは思っていなかったので、思わぬ収穫だった。
ビール好きの人にはおすすめのスポットだ。

<サッポロビール博物館>
住所   札幌市東区北7条東9−1−1 サッポロガーデンパーク内
電話   
011−748−1876
開館時間 9:00〜18:00
休館日  月曜日(祝祭日の場合は翌日)、特別休館日、年末年始

| 国内旅行・北海道 | 22:09 | comments(0) | - | pookmark |
カレー食堂 心(札幌市)
毎度「微妙」と言いつつ、それでも食べずにいられないスープカレー。
お気に入りの味を求めて、初めてのお店、「カレー食堂 心」にやってきた。
ここも行列覚悟だったのだが、店の前には行列がない。
ラッキー!!!

…と思ったら甘かった。
行列は店内にできていた。
が、30分ほどの待ち時間で席に案内してもらうことができた。
(前日の「だるま」で免疫ができていたので30分くらいは待ったうちに入らない)

待っている間に注文は済ませておく方式なので、テーブルにつくと間もなくスープカレーが運ばれてきた。

注文したのはお店の看板メニューらしいチキンカレー。
辛さレベルはなんと100段階もあり、よくわからなかったので、あまり辛すぎないであろう10にしておいた。

それでも結構ピリ辛。

チーズをトッピングしてみた。

看板メニューだけあって、チキンはトロトロに煮えていておいしい。
スープの味はというと、やっぱりどこか物足りない。
旦那は「スープカレーってそういうものなんじゃないの?」と言うのだが、私的にはもう少しコクが欲しい。

う〜〜ん…やっぱりスープカレーそのものがあまり好きではないのかなぁ、私…。

<カレー食堂 心>
住所   札幌市北区北15条西4丁目21−312 シティーハイムN15
電話   011−758−8758
営業時間 11:30〜22:00(売切れ次第終了)

| 国内旅行・北海道 | 22:17 | comments(0) | - | pookmark |
成吉思汗 だるま 本店(札幌市)
「『だるま』のジンギスカンとお寿司を食べに行こう!とGWの旅行は札幌に決定。
「だるま」には以前一度行ったことがあり、並んでも食べる価値がある!と思っていた。
そんなわけで多少の行列は覚悟して行ったのだが…

霧雨の降る、5月とは思えない寒さの中にもかかわらず、店の前には長い行列。
ざっと見た感じだと2時間以上は待つことになりそうな雰囲気だった。
それでも、ここでくじけたらわざわざ札幌まで来た意味がない!と迷わず強烈の最後尾についた。

この看板の下に辿り着いたのは読み通り、並んでから2時間後だった。
途中、あまりの寒さに旦那にカイロを買いに行ってもらったくらい冷え切った体には、看板の下のベンチに敷かれたホットシート(とでもいうのだろうか?)がとても嬉しかった。
店の近くを通る地元の人の、「うっそ〜!!あんなに並んでる!!」という驚嘆の声や笑い声にもめげず、ひたすら順番が来るのを待った。

ようやく入れた店内は熱気がムンムン。
さぁ、食べるぞ〜〜!!!

身体が冷え切っていても、それでも飲まずにいられない生ビール。
ジンギスカンの鍋のそばに置いていてもぬるくならない、特製のジョッキで出てきたビールのおいしいこと!

つまみにはキムチ。

注文しなくても、まずは人数分のお肉が出される。

大量の玉葱&長ネギの隙間に肉を並べて焼く。

焼けてきましたよ〜〜〜♪

2時間以上並んで食べたジンギスカンは…

あれ?こんな味だったっけ?

おいしいことはおいしいのだが、以前食べた時の方がもっとおいしかった気がする…。


…微妙に敗北感。

それでも「また行く?」と聞かれたら「次は支店の方へ」と答えてしまうのだが。

<成吉思汗 だるま 本店>
住所   北海道札幌市中央区南五条西4 クリスタルビル1F
電話   (011)552−6013
営業時間 [月〜木]17:00〜翌3:00
       [金・土]17:00〜翌5:00
       [日]  16:30〜翌1:00
休業日  年末年始

| 国内旅行・北海道 | 21:59 | comments(0) | - | pookmark |
バフンウニ&佐藤錦
今年も積丹のバフンウニを堪能してきた。

そして初体験のさくらんぼ狩り。
こちらは佐藤錦。
これでもか、というくらい食べてきた。

おいしいものをたくさん食べて、幸せな北海道1泊2日だった。

後日、旅行記をアップします。
| 国内旅行・北海道 | 22:04 | comments(0) | - | pookmark |

CALENDAR

S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< May 2017 >>

SELECTED ENTRIES

RECENT COMMENT

CATEGORIES

ARCHIVES

MOBILE

qrcode

LINKS

PROFILE

SEARCH


人気ブログランキングへ