ベトナムコーヒー
夏のベトナム旅行で買ってきた「ハイランズコーヒー」のコーヒーがとてもおいしかったので、日本でも手に入らないかな、と検索したところ、通販で買えることがわかった。
ベトナムでの値段の倍くらいだが、背に腹は代えられない。
早速、6種類の豆を購入した。

当分ベトナムコーヒーから離れられそうもない。
| お茶 | 21:50 | comments(0) | - | pookmark |
午後の紅茶 Tea Cocktails
またまたカロリー0にのせられて買ってしまった。

「実りの巨峰&マスカット」だそうだ。

ティーカクテル、とあるが、お茶の味がしない。
これはもはや、葡萄ジュース。
しかもかな〜〜〜〜り甘い。
それでもカロリー0なので許せるけれど。
パッケージの写真のように氷を入れて薄めた方が飲みやすいかも?
| お茶 | 21:22 | comments(0) | - | pookmark |
リプトン リモーネスパークル
0キロカロリー、という表示につられて買ってみた。
以前、炭酸入りの紅茶を買ってみて意外といけていたような記憶があったので…。

旦那は「おいしい」と言っていたが、私的には…いっそ、微炭酸ではなくもっと炭酸を入れてしまった方がすっきりした味わいになるような気がする。
| お茶 | 21:56 | comments(0) | - | pookmark |
日中茶文化交流会
北京を訪れた際に、当時北京に在住していたsatsukiさんに連れて行ってもらった、「東方国芸」さんの10周年を記念して行われたお茶会に参加した。

会場は無量寺というお寺。
この日に間に合うようにとお手入れしたというお庭に面した部屋である。

そしてこれまたこの日のために北京で買い付けたというお茶専用の机。

「東方国芸」さんの校長先生、無量寺の住職さんのお話に続いて、いよいよ先生による茶芸。
この日味わったのは西湖龍井(緑茶)、白毫銀針、鉄観音、大紅袍(武夷岩茶)、蜜蘭香(広東烏龍)、滇紅(紅茶)、そして当初の予定にはなかったのだが、木蓮の香りがする広東烏龍の合計7種類。
それぞれお茶の淹れ方や効能などについてレクチャーしていただきながらお茶の味と香りを充分に楽しむことができた。
(下の写真は西湖龍井)

お茶請けには棗と茶梅、茶葉のクッキー。
これも北京から持ってきたものだそうで、どれも美味。
次回北京を訪れることができたらこちらもぜひとも購入したい。

驚いたのは、このお茶会で使用した茶杯(これも手書きの特注品)はお土産に持ち帰っていいとのこと!

もう一つのお土産はこの工芸茶。

お茶の販売もしていたので、西湖龍井を購入した。
いただいた茶杯でじっくりと味わいたい。
| お茶 | 22:35 | comments(6) | - | pookmark |
癒しの時間

久しぶりにお茶道具一式を出してきて、ゆっくりとお茶を淹れてみた。

写真のお茶は「奇古堂」の阿里山烏龍茶。
茶器は全て「奇古堂」、茶盤と茶托は「大禾竹工廠」のもの。
右奥に黒く写っているのは(ほとんど何かわからないけれど)アルコールランプで沸かす「陶作坊」のポット。

今日はその他にも「奇古堂」の凍頂烏龍茶、「新純香」の東方美人茶を味わった。
最近は茶漉し付き水筒で水出しにしたものを飲むことが多かったのだが、やはりきちんと淹れると香りと味が引き立つ。

目を閉じて聞香杯の香りをかいでいると、心は台北のお店に飛んでいる。
できれば本場で味わいたいところだが、自宅でも充分癒される。
こういう時間って必要だなぁ、と実感。
| お茶 | 22:52 | comments(2) | - | pookmark |
「東洋茶館 三國屋善五郎」のフレーバードティー


セイロン茶と燻製していない中国茶をブレンドし、キャラメルフレーバーで香りをつけたキャラメルティーとチョコレートの香りの紅茶、ココナッツの香りの紅茶、そして限定もののアップルマンゴーティー。どれも甘い香りの、デザート感覚のお茶。

通信販売で購入すると、毎回季節感のある手書きのメッセージカードが同封されている。こんなさりげない気配りも嬉しい。
| お茶 | 23:30 | comments(0) | - | pookmark |
「東洋茶館 三國屋善五郎」の冷茶
最近お気に入りの「東洋茶館 三國屋善五郎」の冷たいお茶。まずは麦茶を3種類紹介。


左上からメロンの麦茶、林檎の麦茶、葡萄の麦茶。「今まで誰も味わったことのない麦茶を作りたい。でも、それはどんな方にも愛される飲みやすいお茶でなければならない」というコンセプトで作られた麦茶だそうだ。香りはフルーツそのものなのに味はまるっきり麦茶、というちょっと不思議なコラボレーションが妙に私のツボにはまってしまった。 

左の白桃の緑茶。以前ペットボトルのグリーンティー&マスカットとなるものを飲んで撃沈したことがあったが、緑茶もきちんと香りをつけてあげればこんなにおいしく飲めるんだ、と実感。右は水出し煎茶。深蒸し煎茶の細かい部分を強火で焙煎したものに宇治抹茶を加えたのだそうだ。

これらのお茶を日替わりで、台北の「新純香」で買ったこの水筒に入れて持ち歩いている。
| お茶 | 23:04 | comments(3) | - | pookmark |
桜の緑茶・春いちごの紅茶

先日いただいた桜の紅茶が気に入ったので、さっそく追加注文した桜の紅茶と、桜の緑茶。なんと注文した翌日には家に届くという素早い対応に好感度が更にアップ♪ 緑茶の方は紅茶よりも桜の香りがクローズアップされていて、いかにも春を思わせる味と香り。

そして春限定の春いちごの紅茶もお取り寄せ。乾燥いちごのチップを使った、甘い香りのする紅茶だ。パッケージも可愛らしいし、贈り物にも喜ばれそう。

他にもアップルティー、アプリコットティー、マンゴーティー、オレンジティー、ピーチティー、そしてココナッツティー、キャラメルティーなどのフレーバーティーだけではなく、日本茶、中国茶、紅茶、健康茶など実に様々なお茶を扱っている。また飲みきれないほどのお茶を買ってしまいそうな危険な誘惑と戦っている今日この頃(笑)。
| お茶 | 23:33 | comments(0) | - | pookmark |
桜の紅茶

東洋茶館 三國屋善五郎」の桜の紅茶と桜のジャムのセットをいただいた。使われているのはきれいなピンク色の花びらの色を生かすために八重桜。ひとつひとつ手で摘んだものを塩漬けにはせず、乾燥させて使用しているのだそうだ。

お湯を注ぐとふわーっと桜の香り。まずはそのまま飲んでみてから桜のジャムを入れてみた。

ジャムには花びらがたくさん使われていて、見た目にもキレイ。実はジャムというものがあまり好きではない私にも、このジャムの控えめな甘さがヒット!

インターネットで検索したところ、桜の緑茶もあるとのことで、さっそく注文してしまった。もちろん紅茶の方も追加注文(笑)。
| お茶 | 22:00 | comments(2) | - | pookmark |
午後の紅茶 ダージリンスパークリング

電車の中の広告で見て気になっていた、「午後の紅茶スペシャル ダージリンスパークリング」。グリーンティー&マスカットスパークリングカフェきゅうり味ペプシで撃沈された反省を生かすことなく、やっぱり買ってしまったチャレンジャーな私。

ところが…これはいける!
キリンビバレッジ様、先入観で「しょーもないもの作って!」と思い込んでいた私が間違っていました。大変失礼いたしました。
| お茶 | 22:24 | comments(0) | - | pookmark |

CALENDAR

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< July 2017 >>

SELECTED ENTRIES

RECENT COMMENT

CATEGORIES

ARCHIVES

MOBILE

qrcode

LINKS

PROFILE

SEARCH


人気ブログランキングへ